赤ちゃん&子育てインフォ 妊娠・出産・子育ての確かな情報をお届けする − 公益財団法人母子衛生研究会の情報提供サイトです

「新生児聴覚スクリーニング」をご存じですか

いま、生まれてすぐの赤ちゃんの耳の聞こえをチェックする「新生児聴覚スクリーニング」という検査がおこなわれています。
もし赤ちゃんの耳の聞こえに問題があることに気付かずにいると、その後の言葉の発達に大きく影響してしまいます。こうした状況を防ぐために、この検査は耳の聞こえの問題を早期に発見し、適切な支援をし、その後の支障を少なくするために大切なものです。
検査の目的や内容について正しく理解し、赤ちゃんの耳の聞こえをサポートしていきましょう。

監修:坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)、多田裕(東邦大学名誉教授)

「新生児聴覚スクリーニング」
btn_top_nanchou_off

坂田英明

川越耳科学研究所クリニック院長

坂田英明

高い専門性と分かりやすい説明が評判の耳の治療のエキスパート。新生児難聴の研究、治療に精力的に取り組んでいる。
1988年埼玉医科大学卒業。帝京大学医学部付属病院耳鼻咽喉科助手、ドイツのマグデブルク大学耳鼻咽喉科研究員、埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科長兼副 部長、目白大学耳科学研究所クリニック院長を経て現クリニックを開設。

多田裕

東邦大学名誉教授

多田裕

日本の新生児医学界の中心的存在の一人。優しい語り口の親身なアドバイスで、子育て中の若い親の信頼が厚い。早くより新生児聴覚スクリーニングの研究、普及に取り組んできた第一人者。
東京大学医学部卒業、同大学医学系大学院卒業。 東京大学医学部附属病院、都立築地産院を経て東邦大学医学部新生児学教室教授。'04年より同大学名誉教授。 専門は新生児学、小児科学(未熟児学)、小児保健学。

妊娠・出産・子育て情報

  • 出産・子育て準備 お役立ち情報&グッズ e-mono e-情報
  • 子育てのための生活安全講座〜大震災を乗り越えていくために〜
  • ちょっとずつママになる!はじめて子育てナビ