赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報 妊娠期から知っておく子どもの感染症と予防接種情報生まれてくる赤ちゃんとお母さんのために妊娠中に気をつけたい感染症

妊娠期に知っておきたい感染症と予防接種情報

生まれてくる赤ちゃんとお母さんのために 妊娠中に気をつけたい感染症

おなかの中で育ち始めた小さな命を守り、無事に出産の日を迎えるために、感染症についての正しい知識をもっておきましょう。

おなかの赤ちゃんに影響を与える感染症があります

感染症とはウイルスや細菌などの病原体が原因となってかかる病気のことです。人から人へうつるものだけでなく、飲食物、あるいはペットなどの動物から感染するものもあります。
そして、それらの感染症の中には妊娠中に感染すると、おなかの赤ちゃんにも感染が広がって症状を現したり妊娠経過に影響を与えるものがあるのです。ふだんであればさほど問題がないようなウイルスや細菌でも、妊娠中はおなかの赤ちゃんに影響してしまうことがあるので注意が必要です。

気をつけたい感染症

風しん

「先天性風しん症候群」ということばがあるように、母体が妊娠初期(20週頃まで)に風しんウイルスに感染すると、胎児も感染し、生まれてくる赤ちゃんの心臓や視力・聴力などに影響が出る場合があります。
妊娠して行う検査のひとつに「風しん抗体検査」があります。これまでに風しんにかかったり予防接種を受けて抗体がしっかりできていればいいのですが、時間がたって抗体価が低くなったり、もともと予防接種をしていない人もいるかもしれません。
検査によって抗体がない、もしくは抗体価が低いことがわかった場合は、妊娠中は風しんの予防接種ができないので、とくに初期であればあるほど風しんにかからないように気をつけてください。
また、風しん抗体があっても安心せず、妊娠中は風しんにかかっている人に近づかないことが原則です。不要の外出を避け、人混みに行かないことはもちろんですが、家族も予防接種をしているか、過去に風しんにかかったことがあるかどうかを再確認して、家庭内にウイルスを持ちこまないようみんなで気をつけましょう。周りにいる人に予防接種を受けてもらうことも予防法の一つです。

トキソプラズマ症

生肉や猫のフン、土の中にいる原虫によって起こされる感染症です。健康な人であれば感染してもほとんど症状は現れませんが、妊娠中に初感染すると、ごくまれに胎児も感染し赤ちゃんに影響が出る場合があります。
口から入ることで感染するため、十分に加熱していない肉や生ハムなどは食べないようにしましょう。また、生肉を調理するときは、まな板や包丁などの取り扱いに気をつけてください。
ペット(とくに猫)を飼っている場合は、フンの始末は家族にまかせるか、自分でする場合は手袋をつけて、始末が終わったら必ず手を洗います。庭いじりするときも、マスク、手袋をつけて、終わったあとは手をよく洗いましょう。

サイトメガロウイルス感染症

このウイルスは尿やだ液、母乳の中にいることが多く、多くの人が乳幼児期に親から子、子ども同士の接触の中で自然に感染していて、ほとんどの人が抗体をもっています。
しかし最近では、子どもの遊び方が変化したり、口移しで食べ物をあげないなど、清潔志向が高まってきたことなどから、抗体のないまま大人になっている女性が増えているといわれています。
抗体をもっていない場合、あるいはすでに感染していて抗体をもっている場合でも、妊娠中に感染すると、おなかの赤ちゃんに肝障害や難聴、網膜炎などの影響が出ることがあります。
サイトメガロウイルスは口から入って感染することが多いので、第2 子妊娠のとき、感染している上の子のおむつがえや食事の世話をして感染してしまうケースがほとんどです。
おむつ交換の後は必ず手を洗い、食事のときは子どもと同じスプーンを使わない、などに気をつけましょう。

伝染性紅斑(りんご病)

幼児に多いりんご病は、両頬が赤くなった後、手足に赤い発疹がまだらに広がっていきますが、発熱もほとんどない感染症です。しかし、妊娠中に初感染すると、まれに胎児にも感染が広がり流産や胎児水腫などを起こすことがあるので注意が必要です。
飛沫やだ液中に含まれるウイルスを介して感染しますが、りんご病の症状が出てしまうと、ほとんど感染力はありません。周りの人にうつすのは、症状が出る前の7〜10日程度のため、予防するのがとても難しい感染症です。地域で流行しているといった情報があれば、子どもたちに接触するのはなるべく避けるようにしてください。

食べ物に気をつけて

妊娠中にトキソプラズマ原虫(生肉)やリステリア菌(チーズなど)に感染すると、赤ちゃんに影響が出ることがあります。
生ものはとらないように心がけ、また冷蔵庫を過信せず、食べる前に十分加熱してください。

トーチ(TORCH)症候群

このように妊娠中に感染しておなかの赤ちゃんに影響が出る感染症にはいろいろあり、それらを総称してトーチ症候群といいます。
T(トキソプラズマ症)、O(その他:水痘・帯状疱疹、コクサッキーウイルス感染症、B 型肝炎、梅毒など)、R(風しん)、C(サイトメガロウイルス感染症)、H(単純ヘルペスウイルス感染症)の頭文字をとって名づけられたものです。
これらの感染症にかからないようにするには、それぞれの感染症に対して正しい知識をもつことが重要です。知っていれば防げることが多いので、これまで以上にこまめにうがいや手洗いをするなど予防を心がけ、赤ちゃんの誕生を待ちましょう。


もくじへ