赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報よくわかる用語辞典

よくわかる用語辞典 【妊娠編】

妊娠高血圧症候群 (にんしんこうけつあつしょうこうぐん)
以前は妊娠中毒症と呼ばれましたが、2005年春から「妊娠高血圧症候群」と名称が変わりました。妊娠20週~出産後12週までに起こる妊産婦特有の病気で、妊産婦の5~10%に発症。重い場合は妊婦さん自身が死亡したり、胎児・新生児死亡につながることもあるので、予防につとめること、重症化させないことが重要です。メイン症状は高血圧で、名称の変更もこのためです。高血圧にたんぱく尿をともなうこともあります。名称と同時に定義も変更され、これまで症状の一つとされていた「浮腫(ふしゅ*むくみのこと)」ははずされていますが、むくみがこの病気につながることもあるので、やはり注意は必要です。

よくわかる用語辞典トップへ