赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー病気・予防接種

病気・予防接種

Q. 生後2か月、保育園に通い始めました。風邪の予防法と免疫について教えてください (2008.2)

  • (妊娠週数・月齢)2か月

生後2か月で保育園に通い始めましたが、さっそく風邪をひきました。機嫌は悪くないものの、くしゃみや鼻水で苦しそうです。保育園では先生も子どももみんな同じように鼻をズルズルしていて、私が心配そうな顔をすると、「たくさん風邪を引いて丈夫になるんです」と慰めてくれますが、ほんとうでしょうか? 仕事を休むわけにはいかず、熱がない限り預けてしまいますが、何か私にできることはありますか。風邪が治りきらないまま保育園に預けなければならないことに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。風邪の予防法や免疫について、教えていただきたいと思います。

回答者: 横田俊一郎先生

 妊娠中には母親の持っている免疫抗体である免疫グロブリンGが臍帯を通って胎児に移行していますし、母乳の中には腸管への感染を防ぐ免疫グロブリンAが含まれていますので、赤ちゃんは生後6か月くらいまでは風邪をひきにくいといわれています。しかし、お母さんからもらう免疫で、すべての感染症を防御できるわけではありません。お母さんに免疫がない感染症に対しては、もちろん赤ちゃんも免疫を持っていません。また、兄弟の多い赤ちゃんや保育園に通う赤ちゃんは、病原体に接する機会が多いので、かなり早くから風邪をひいてしまうのが普通です。

 風邪をひくことにより、赤ちゃんは病原体に対する免疫を獲得し、それ以降は同じ風邪はひきにくくなったり、かかっても軽くすむようになります。麻しんや風しんのように予防接種のあるものは予防接種によって免疫をつけることができますが、大部分の風邪はかかってはじめて免疫ができるわけです。丈夫だから風邪をひかない、というわけにはいかないのです。

 保育園にはたくさんの子どもが通ってきていますので、風邪の原因となるウイルスもたくさんあります。ですから、保育園に通いながら風邪をまったくひかないというのは難しい話です。たくさん風邪をひいているうちに、だんだん風邪をひかなくなってゆくのが普通なのです。

 熱が高かったり、元気がなかったりすれば、保育園を休んで家でゆっくり過ごすことがベストです。少しの鼻水や咳があっても、熱がなくいつもと変わらず元気であれば保育園に通うことはかまいません。ほかの子どもにうつさないかという心配をするお母さんもよくいますが、いつになったらうつらないかを判断することも難しいのです。お互い様のことですので、風邪をうつす、うつされるということにあまり神経質にならないことも必要です。そして何よりも、子どもが風邪で具合が悪いときに、ご両親が安心して仕事を休める社会を作ることが大切なのだと思います。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。