赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー産後のからだ

産後のからだ

Q. 産後1か月過ぎから、倦怠感や関節痛を覚えるようになりました (2006.12)

産後1か月を過ぎた頃から、妻が全身の倦怠感や痛み、風邪をひいたときのような関節の痛みなどを訴えています。病院でリウマチの血液検査を行いましたが、結果は「リウマチに該当せず」との診断でした。接骨院では骨盤の矯正で良くなるとも言われましたが、下半身以外に肩、胸の下あたりにも痛みがあるようです。とくに夕方から痛みが強くなるようですが、こういうことは産後のママの多くに見られる症状でしょうか。また、改善策はありますか?

回答者: 安達知子先生

 年齢、体格、はじめての妊娠・出産なのか、出産の経過や生まれたお子さまの体重、普段の生活パターンなど、お聞きしないとよくわからないこともあります。しかし、産後1か月までは、関節痛や倦怠感がなかったのに、1か月を過ぎてからこのような症状が進行してきたとすると、産後によく見られる症状というわけではありません。

 リウマチではなくとも、ほかの自己免疫疾患で、自分の体の細胞や一部の臓器を攻撃するような自己抗体を作ってしまう病気なのかもしれません。これらの自己免疫疾患は、お産後に発症するものもあり、まずは内科や膠原病診療科などでよく精密検査をしてもらうことが大切です。

 また、赤ちゃんの世話などで、前屈みの姿勢などから腰を痛めたり、授乳や搾乳、抱っこで、肩、上腕や手の筋肉痛がひどくなったり、腱鞘炎を起こして慢性的に関節痛のような痛みを感じている可能性もあります。さらに睡眠不足や育児のストレスもこれらの症状を増悪するかもしれません。痛みが強く、鎮痛剤などでも良くならなければ、ペインクリニックという麻酔科の専門医を受診するのもよいでしょう。

 いずれにしても、がんばりすぎないように、よくお昼寝も含めて休み、リラックスすることが必要です。ご主人やまわりの方に手伝ってもらって、力を抜いて、育児を楽しんでほしいと思います。