赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー発育・発達

発育・発達

Q. 1歳2か月の女児。まねやお返事をせず精神面の発達が気がかりです (2008.1)

  • (妊娠週数・月齢)1歳2か月

もうすぐ1歳2か月になる女の子です。娘は手を上げて「は〜い」のお返事もバイバイのまねもできません。まだ親の言っていることが何も理解できていないようなのです。精神面の発達がまわりの子と比べて遅いなと感じることが多く、発達障害ではないかと気になっています。それとも、いまの月齢でお返事やバイバイができなくても問題はないのでしょうか。誰か専門の方に相談したほうがいいですか。どんな場合に、どういうところで相談すべきなのか、お教えいただけたらと思います。

回答者: 横田俊一郎先生

 日本版デンバー式発達スクリーニング検査という発達検査では、90%の子どもがバイバイができるようになるのは13か月くらいとされています。「は〜い」のお返事もシャンシャンなどのものまねも、ほぼ同じくらいと考えていいでしょう。早い子では9か月くらいから簡単なものまねをするようになりますので、1歳2か月でこれらのことができないのは、確かに少し遅いといえます。

 しかし、発達に障害があるかどうかをこのことだけから判断するのは難しく、言葉の理解度、行動面での問題などを見て総合的に考えてみることが必要になります。ものまねは周囲の人から教えられてはじめてできるようになるので、発達に問題がなくても、誰も教えてくれない環境であればするはずはありません。2人目、3人目のお子さんで、忙しくてかまってあげる時間がないというようなときには、このようなことがよくあります。この場合は、ほかの発達が良好なことから発達障害ではないことがわかります。

 遅れがはっきりしている場合でも、原因は生まれつきの発達の問題だけではありません。最近ではテレビやビデオの見せ過ぎで発達が遅れることがたくさん報告されていますし、育児放棄などで周囲の人の関わりが少な過ぎる場合も発達に遅れが見られます。極端な場合として、虐待を受けている子どもではいろいろな発達が遅れることがよく知られています。

 もちろん精神的な発達の遅れや自閉症が原因となることもありますが、1歳前後では診断が難しいことも少なくありません。ほかのお子さんとの差が気になるとき、保育園などで遅れを指摘されるときなどは、まずは相談してみるのが良いと思います。

 相談する場所は、かかりつけの小児科医がいれば、まずこの小児科医に相談するのが良いでしょう。きちんと診察してくださるでしょうし、必要があれば機関を紹介してくださるはずです。また、近所に適当な医療機関がない場合や、あまりクリニックを受診したことがないときには、最寄りの保健センターへ連絡してみてください。保健センターでは乳幼児健診の際に必要なお子さんの発達相談を行っていますので、保健師さんや発達相談員の方が相談にのってくださると思います。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。