赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー発育・発達

発育・発達

Q. 1歳女児。健診で「パラシュート反射異常」だと言われました (2008.7)

  • (妊娠週数・月齢)1歳0か月

満1歳の女の子です。まだ、はいはいもせず、つかまり立ちも怖がってできません。10か月健診のおりに、「パラシュート反射異常」だと言われました。1歳健診のときも手はダランとしたままで、医師には1歳半まで様子を見ましょうと言われました。おすわりはできますが、仰向けに寝かすと起き上がることができません。寝返りはできます。おもちゃなどにも興味を示し、手に持って遊ぶことはできます。言葉はママ、マンマ、ワンワンなどです。パラシュート反射異常とはどんなものなのか、教えてください。

回答者: 多田裕先生

 「パラシュート反射」とは、赤ちゃんを立たせた状態で、あるいはおなかを下にした腹這いの状態で抱き上げて、急激に頭を下に向けて床に近づけたとき、からだを支えるために手や腕を伸ばす動きをする反射のこと。つまり、私たち大人が転びそうになったときに反射的に手や腕が出てからだを支えるのと同様の動きで、通常は生後6か月から満1歳のころに獲得する能力です。

 脳性まひなど神経的な問題があると手や腕がこわばったり突っ張ったりしてスムーズに手が出なかったり、腕の筋肉が弱くて手がうまく出せないことがあります。しかし、そうでなくても歩き始める時期に個人差があるのと同様に、神経的な異常や問題がないけれども少し運動機能の発達が遅れていて、パラシュート反射の発現が遅れるということもあります。

 ご相談の赤ちゃんは、手や腕の伸ばし方やつき方に明らかな異常があるというわけではなく手が出ないとのこと。また、はいはいやつかまり立ちもしないとのことですが、これが単に運動機能の発達が少し遅いだけで、やがて追いついてくるものなのか、あるいは神経的な異常によるものなのかは、ほかの発育や発達に遅れや異常があるかどうかを慎重に診なければ判断することができません。

 ただ、はいはいはできないがおすわりはできて、寝返りが打てる。おもちゃを手に持って遊ぶことができるなどとあるので、明らかな神経的な異常があるとは考えにくい。それで医師は、「1歳半まで様子を見ましょう」と言ったのだろうと思います。また、言葉もいくつか出ているようですから、知能的な遅れや異常はないと考えてよいでしょう。

 以上のことを考えあわせると、いますぐに専門医を訪ねて検査や診察を受ける必要はないと思います。しかし、パラシュート反射の異常だけでなく、他の神経的な発達に明らかな異常や遅れがある場合は、小児神経の専門医がいる病院を受診することをおすすめします。まずは家の近くに信頼できる「かかりつけ医」を持ち、発育や発達が順調かどうかを含めて親ごさんと一緒に成長を見守ってもらえると安心だと思います。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。