赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー歯とお口のケア

歯とお口のケア

Q. 11か月の女児の口臭が気になります (2009.1)

  • (妊娠週数・月齢)11か月

生後11か月の女の子です。最近、口臭が気になります。まだ、歯は下2本しか生えていませんので、むし歯ではなさそうです。何か、内臓に問題があるのでしょうか。それとも、歯や歯ぐきのトラブルが原因でしょうか。歯科の診察を受けたほうがいいですか。また、離乳食を食べた後などのお口のケアについても教えてください。

回答者: 井上美津子先生

 口臭には、口腔由来のものと内臓(肺や胃腸)が原因のものとが考えられます。臭いの強い食べ物(ネギ、ニンニク、ニラ、納豆、チーズなど)を摂取したあとや、成人ではアルコール飲料を多量に摂取したあとなどに口臭が発生しやいのですが、これは一過性です。慢性的な口臭は口腔由来の場合が多く、唾液や歯垢(歯の表面の汚れ)、舌苔(舌の表面の汚れ)などが原因と考えられます。

 鼻が詰まりやすく口で呼吸をしていると、口の中が乾燥して口臭が生じやすくなります。発熱したり、ウイルス性疾患などで脱水が起こったときも口臭が発生しやすくなります(これも一過性です)。また、重症のむし歯や歯周疾患で歯に食べカスが詰まりやすかったり、歯ぐきから膿が出ている場合も口臭がみられます。

 ご相談の赤ちゃんは、まだ下の前歯2本とのことで、歯科的な病気が原因とは考えられません。また、内臓の病気で口臭が生じている可能性も少ないと思います。

 どんな種類の口臭なのかをチェックしてみてください。通常、口臭の原因物質は揮発性の硫黄化合物やアンモニアといわれており、腐敗物に近い臭いです。口臭の簡単な検査では、30cmくらい離れてもこのような臭いが感じられる場合に「口臭がある」といいます。

 赤ちゃんとお母さんの距離は一般的に近いので、臭いに敏感なお母さんだと、ちょっとした体臭や口臭を感じとっているかもしれません。赤ちゃんにも多少の体臭や口臭はあるものです。ミルクや離乳食のカスが、とくに舌の表面などに溜まって臭いが生じている可能性もあります。

 この時期のお口のケアは、まだ歯みがきの導入時期です。離乳食を食べたあとなどに麦茶や白湯などを飲ませて食べカスを減らしてから、湿らせたガーゼで歯を拭ってあげましょう。口の臭いが気になるなら、舌の表面や歯ぐきの表面もサッと拭ってあげるといいでしょう。そして、赤ちゃんの機嫌のいいときに、歯ブラシを持たせて自分で噛ませてみたり、お母さんの膝に頭をのせて軽く歯ブラシでみがいてあげるといいでしょう。

 お口のケアをしても口の中の臭いが相変わらず気になるようでしたら、歯科か小児科を受診して病的な口臭かどうかを診てもらってください。