赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー妊娠中のきがかり(生活)

妊娠中のきがかり(生活)

Q. 妊娠14週。安定期の運動や腹帯について教えてください。 (2011.8)

  • (妊娠週数・月齢)妊娠4か月 (12〜15週)

いま妊娠14週目です。安定期になってからの生活について質問します。安定期にはウォーキングを始めるつもりですが、スクワットなどもしていいですか。また、妊娠5か月の戌の日に腹帯を巻くそうですが、日常生活でも腹帯やガードルになった妊婦帯などを使ったほうがいいのでしょうか。腹帯などは腹部の保護になっていいという説や、サポート力があるものだと赤ちゃんが小さかったりするという説など、さまざまな情報がネットなどに載っていて、どうすればいいのかわかりません。妊娠中を健康に、赤ちゃんの発育にもよい安定期の生活の仕方について教えてください。

回答者: 遠藤俊子先生

 毎日暑い日が続きますが、体調はいかがですか?

 安定期に入られるということで、つわりもおさまりそろそろ胎動も感じられるようになり、赤ちゃんを実感されているかもしれませんね。

 定期的な妊婦健診で、切迫流産や早産の心配がないという方でしたら、この時期は特別な制限はありません。長時間の立ち仕事、無理な姿勢の労働、ハードスケジュールは避け、適度な運動と規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 これから妊娠後期にかけておなかが大きくなり、反った姿勢になりがちで、腰痛や足のこむら返りなど出てきますので、ウォーキング、ストレッチ、軽いスクワットもよいでしょう。最近はマタニティヨガの教室なども開かれていますので、参加してみてはいかがでしょうか。

 ただし、運動中に立ちくらみ、頭痛、胸痛、呼吸困難、筋肉疲労、下腹部の痛みや張り、出血、羊水流出感などがみられたら速やかに中止し、かかりつけの先生に相談しましょう。

 一般に、妊娠中に運動が勧められない疾患や合併症は以下のものです

 *重い心疾患、呼吸器疾患、
 *切迫流早産、子宮頸管無力症、頸管長短縮、前期破水
 *性器出血、前置胎盤、低位胎盤

また、運動の種類で避けたいのは次のような運動です。
 *仰臥位(あおむけの姿勢)を保持したり、不動のまま長時間立位を保つ姿勢
 *落下あるいは外傷リスクのある運動
 *スキューバダイビング

 非妊時から有酸素運動を続けている妊婦さんから、心拍数はどの程度が適当かと聞かれることもあります。年齢によってやや差がありますが、130〜140回/分程度が推奨されています。

 さて、日本には古くから腹帯やコルセットをする習慣があり、おなかの安定や冷えの防止にもなります。ただ、おなかをきつく締めつけると足のむくみをひどくしたりしますので、無理に着用をお勧めしませんが、おなかが大きくなってきて支えられて楽だなと思ったら使用されるとよいと思います。諸外国では妊娠中はあまり使用されていません。運動中は外しましょう。

 日ごろから、どちらかというとゆったりとした衣類、ブラジャーや安定感のある靴を選びましょう。

 朝夕の涼しいときに気分転換も兼ねてウォーキングなどを行い、暑い夏を乗り切ってください。