赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー妊娠中の気がかり(体重・食事・病気・体調など)

妊娠中の気がかり(体重・食事・病気・体調など)

Q. 妊娠32週。健診でおなかの張りを指摘されました。 (2011.9)

  • (妊娠週数・月齢)妊娠9か月 (32〜35週)

27歳、32週目の初妊婦です。先日の健診とその前の健診時、エコー検査の折に「おなかが張っている」と言われました。痛みや出血はないのですが、2回連続で指摘され、不安になりました。頻繁な張りはよくないと聞くので心配です。横になると治まりますが。固くなったり張りがなくなったりします。生理的な心配のない張りと、危険な(頻繁な)張りの違いがわからず不安です。注意すべきは、どのような張りや症状でしょうか? いまのところ、健診で切迫早産等の危険について指摘されたことはありませんが、出産までの過ごし方などについてアドバイスをいただけたらと思います。

回答者: 遠藤俊子先生

 妊娠後期に入り、赤ちゃんの誕生が待ち遠しくもあり、ちょっとしたことでも心配になる時期かと思います。

 さて、ご相談の「おなかの張り」ですが、2回連続で指摘されると気になりますよね。妊娠後期は、からだがお産にむけて準備をしている時期でもあり、赤ちゃんもよく動くので、おなかの張りを感じやすい時期です。ほとんどは生理的な張りで心配のないことが多いのですが、なかには、切迫早産のサインの場合もありますので注意は必要です。

 現在、おなかの張りはどのくらいの頻度ですか?「おなかがキュ〜っと力こぶをつくったようにパンパンに硬くなり、少しすると治まる」というような張りが、1時間に2〜3回くらいあったり、ちょっと立ったり座ったりした程度の動きでもすぐにおなかが張るようでしたら、念のため、早めに健診を受けましょう。切迫早産の予防のために安静や張り止めの薬が必要かもしれません。いまのところ、横になると治まるようですが、なかなか治まらない場合も同様です。

 そのほか、帯下(おりもの)の性状や量はどうですか?うすく血液が混じったり、量が急に増えてきたりするのも切迫早産の初期症状の場合がありますのであわせて観察してみてください。

 切迫早産かどうかは、妊婦健診の際に内診やエコーで子宮の口が柔らくなっていないか、子宮の頸管長が短くなっていないか、診察することでわかります。また、必要に応じて、ノンストレステスト(NST)といって、胎児心拍数と子宮収縮を連続的に記録する器械を装着して、おなかの張りと赤ちゃんの反応状態を観察したりします。前回の健診のときにこのような検査をお受けになり、大丈夫だったということでしょうか。

 早産の危険サインとしては、おなかの張りの間隔がだんだん短くなってきたり、あるいは規則的になってくる、おなかの張りに月経痛のような下腹部の痛みをともなったり、出血した場合、破水した場合などです。このような症状が1つでもあればすぐに病院に連絡してください。

 健診施設の助産師は、これらのことについて具体的にアドバイスしてくれますので、健診時に相談してみてください。出産まであと少し、どうぞお大事になさってください。