赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー友だち・遊び・テレビ

友だち・遊び・テレビ

Q. 2歳半の男児です。イヤなことをされたときに友だちをつきとばします。 (2018.1)

  • (妊娠週数・月齢)2歳

2歳半の男の子です。同じ月齢の女の子とよく遊ぶのですが、最近その子にイヤなことをされた際に、その子をつきとばすようになり困っています。息子には「言葉でイヤだ、やめてと言いなさい」と教え、息子もそうするのですが、その子がかまわず続けるので、怒ってつきとばしてしまいます。その子のママは、「嫌なことしたら痛い目にあうと学べばいいから!」と言ってくれますが、けがをしたら大変だし申し訳ないです。息子はおとなしく慎重な性格です。ママとは気が合うので遊びたいのですが、女の子は息子にいじわるをすることが多く、息子も怖がっている様子もあり、余計にひどくならないか心配です。以前は支援センターにもよく行っていたのですが、つきとばす行為をするようになってから、他の子にもするんじゃないかと怖くて行けません。

回答者: 汐見稔幸先生

 お互い、2歳児ですよね。ある意味一番扱いの難しいときですね。英語では「テリブルトゥー(恐るべき2歳児)」という言葉があるくらいです。単にイヤイヤ期というだけではなく、自分のペースを守りたいのに他者に邪魔されて、それをやめさせる上手な方法を持っていないため、手っ取り早いやり方に訴えてすぐにトラブルを起こす時期でもあるからです。保育園などでも2歳児の扱いにみな苦労しています。

 こういうときの特効薬的方法はありません。ただ、どの子もきちんとわかってもらえていると感じたときは無茶をしなくなりますので、ここもそういう対応をするしかないと思います。たとえば押し倒したとき、ダメときつく叱るのではなく、2人を離したうえで、「〇〇ちゃん、自分のを取られて悲しかったんだよね、自分で遊びたかったんだよね」などと、まずその気持ちを代弁してあげてください。けっして叱らないことです。そのうえで、「でも押し倒したら泣かれたので困っているんだよね」などと、その子の今の気持ちを想像してやはり共感してあげるのです。そして、「困ったねぇ」と、その子と同じ方向を見て、一緒にどうしたらいいか考えるように仕向けるのです。

 相手の女の子にも同じように非難しないで、「欲しかったんだよね、でも貸してもらえなかったから取ろうとしたんだよね、でも取れなくて押されたんだよね」等々と、やはり叱らないで共感した上で「どうしたらいいか考えようね」という方向に持っていきます。
こうした対応を繰り返してみてください。やがてつきとばすことは減っていくと思います。大事なのは叱らないことです。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。