赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。


2010年4月13日掲載

不安を受けとめてくれた病院のおかげで、安心して出産

りょうたんママ
りょうたん 2009年1月生まれ

出産予定日の2週間くらい前に内診後、出血があり、それがずっと(出産まで)続きました。


不安で毎日のように病院に電話していました。最初は、「陣痛や破水がないようなら自宅で安静に」とのことで、実は、それがおしるしだったようです。1週間後、朝から吐き気が止まらず、また病院に電話したところ、「破水前にそうなる方もいるので様子を見て」という返事。安静にしていたら、案の定、夜、破水が起きてそのまま病院へ。3時間後に陣痛が始まり、闘い続けてその7時間後に無事出産しました。予定日の5日前に生まれたにもかかわらず、なんと3,833gのビッグで元気な男の子でした。


病院のかたが、いつ電話しても丁寧でやさしく、「心配ならすぐに来てもいいですよ」と言ってくださったおかげで、本当に安心して出産することができました。

プレママへのひとことメッセージ 不安なことは、すぐ病院に聞きましょう
出産は人それぞれ違うので不安なことがあればすぐに病院に電話すること。人に聞くよりも安心するし、なによりも信頼して出産すると決めた病院だと思うので適切な対処法を教えてくれるので。

妊娠高血圧症候群で、産後も1か月入院

まーちゃんまん
そうちゃん 2009年10月生まれ

逆子が治らず、もともと予定帝王切開と決まっていましたが、36週0日の健診で、「尿タンパク4」「血圧上昇」と診断され急遽、その日に入院となりました。


入院中も血圧が下がらず、総合的な判断により、37週4日で帝王切開で出産。2,370gの男の子でした。


出産後も、むくみや血圧が下がらず退院が延び延びに・・・。母子同室だったのに血圧が上がるたびに息子と引き離され、病室で泣いたこともありました。楽しいはずの食事も減塩食で、おかげさまで10kg増えた体重も1週間で元に戻りました。約1か月の入院で、無事に退院。その後、血圧とたんぱくが戻るまでさらに2か月ほどかかりました。

プレママへのひとことメッセージ 帝王切開も立派な出産です
帝王切開も立派な出産です。どんなトラブルがあっても新しい生命の力を信じて乗り切ってください。

早く訪れた陣痛、そして出血、いろいろありました

toffy
さぁやん 2009年11月生まれ

予定日よりも2週間以上も早く陣痛がやってきました。急にお腹が痛くなったときは、予想外の早さに陣痛とわからず、そのまま過ごしていました。段々痛みがひどくなって、やっと陣痛だと認識。病院に電話してすぐ行きました。


次の日の夕方に生まれましたが、思っていた以上の出血でした。そのまま出血が治まらなかったら、大きな病院に搬送されるところでした。次の日は車いすでの生活。今回の出産では点滴や車いす、イロイロな初体験がありました。


でも、やっぱりわが子は本当に可愛い! こんなに愛おしいとは夢にも思ってませんでした。可愛くってしょうがないです!赤ちゃんの顔を見るとほんとにつわりがひどかったことや。出産が大変だったことなんてふっとびます!

プレママへのひとことメッセージ 赤ちゃんとの対面を楽しみにがんばって!
妊娠、出産って女の人にしてみれば外観から変わる大仕事。でも、赤ちゃんを産んだときの喜びはひとしお! ママにしか感じられない喜びが出産にはありますよ。赤ちゃんとのご対面を楽しみに頑張ってくださいね。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ