赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。


2011年7月13日掲載

咳が出るたびに切開部分が痛み・・・

ぶー子
宗さん 2011年2月生まれ

4,508gと長男より300gも大きい次男坊。お産の際にたくさん切開したため、出産当日は眠ることができないくらいに痛かったのですが、退院時には座ることもできるようになり順調に回復していました。


ところが、退院してすぐに風邪をひいてしまい、咳が止まらず・・・咳をすると縫った所に力がかかり、傷口が悪化! 咳が出るたびにとにかく痛いし、座ることもできなくなり、授乳もままならなくなってしまいました。それに子宮も腹筋もまだ回復していないため、フルフル揺れて本当に気持ち悪いんです。また、傷口が痛むと子どもを抱き上げるときも本当に大変です。


体調管理を甘く見ていましたが、今回、体調管理の重要さを心から実感し、大変後悔致しました。

プレママへのひとことメッセージ 咳は大敵!!
会陰切開をする方は多いと思いますし、帝王切開の方はなおさら、咳は大敵です。体調管理には本当に本当に気をつけてください!

震災の日の出産

hacchi1839
くらちゃん 2011年3月生まれ

まさに、震災の日に出産しました。分娩は地震の起きる前だったので、無事に済んだのですが、問題は、その後。私の大出血&あの大地震・・・。子宮の収縮が一気に行われていたらしく、1,200mlの出血多量でした。貧血状態で、体温調節のできない生まれたばかりの赤ちゃんをバスタオルでぐるぐる巻きにして病院の駐車場へ全員が避難しました。病院はガスも使えなくなり、お祝いご膳がないどころか、普通の食事もコンビニのおにぎりなどで、温かいものは出てきませんでした。


退院してからも、品不足で大変な出産でしたが、かなり強烈な思い出になりました。

プレママへのひとことメッセージ いつ何が起きても・・・
私のような体験は、稀かもしれませんが、いつ何が起きるか分からないということを頭に入れておいたほうがいいと思いました。

逆子で帝王切開!

みっかん
おひめちゃん 2010年8月生まれ

感動的な出産ができました。なかなか帝王切開を受け入れなかった私、覚悟を決めて手術に望み、聞こえた産声に涙しました。元気に生まれてきてくれてありがとう。


帝王切開、立派なお産です。おなかにできた手術の傷は勲章です。いつか娘に、「ここから元気に生まれてきたんだよっ」と伝えてあげたいです。

プレママへのひとことメッセージ 子どもを持つ喜びを楽しみにね
どんな出産でも、必ず子どもを持つ喜びが待っています。おなかをたくさん触ってくださいね!

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ