赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2012年11月14日掲載

帝王切開の跡も誇らしい

Aya
りく 2012年5月生まれ

帝王切開でした。妊娠中はつわりがまったくなく快適な生活を送っていました。無痛分娩を希望していたのですが、いつも通りに好きなものを食べていたために赤ちゃんが大きく育ってしまい、小柄な私(身長150cm)は帝王切開を勧められました。


「痛くないから帝王切開も無痛分娩も同じ!」と思いたかったのですが、出産当日は吐きまくりで、子どもの顔を見ることができたのは数分だけ。小柄な私から3,740gの赤ちゃんが出てきました。出産後は高血圧症になってしまい、母子同室も、初めての母乳も、正直かなりキツかった・・・。


退院は2日延びましたが、血圧は薬で元に戻り、退院後は実家で2か月たっぷりとお世話になりました。帝王切開の傷跡は痛々しかったけど、4か月経った今はスマイルの口のようになっています。主人いわく「独眼竜政宗」らしいです。そう言われるとちょっと誇らしく思えますね。

プレママへのひとことメッセージ 産後の生活をイメージしておいて
出産後は自分の体を優先して!! 出産前に産後の環境を整えておくべし!! 出産経験者にアドバイスをもらってイメージしておくのも大切です。

産後、涙が止まらなくなりました

ひまわり
なつき 2012年7月生まれ

初産で男の子を出産しました。夜中に破水して翌朝9時過ぎに生まれたので8時間かかったのですが、初産にしてははやい出産だったそうです。ただ、いきなりの破水→陣痛という体の変化に心がついていけず、『もう生まれるの?』という気持ちでいっぱいでした。39週だしいつ生まれてもおかしくなかったのですが、いざそのときがくると、何だかさびしい気持ちも・・・(もちろん、生まれた瞬間はホッとしましたが)。


産後はとにかく涙が止まらず、食欲もでませんでした。そのうえ、授乳で眠れないし、体調も戻らない。体もつらかったですが、精神的な面のほうがきつかったです。里帰りだったのに親にはなかなか相談できず、夜な夜な旦那に電話して泣きながら愚痴りました。話すだけでも気持ちが上向きになれました!


1か月健診で、赤ちゃんの体重がきちんと増加し身長も伸びていることがわかるといくぶん気が楽になり、自信もわいてきて子育ても楽しくなってきました。今では、子どもも2か月。たまに見せる笑顔に癒されています。

プレママへのひとことメッセージ 周りにどんどん相談して
体のつらさも精神的なつらさも周りの方にどんどん相談していきましょう。心のケアも大事です! 話せばだいぶ楽になりますよ。

検査で次々に異常が発見されました

ひなmama
こひな 2012年6月生まれ

2011年11月、妊娠発覚の後に仕事が忙しくなり、バタバタしてました。お腹が張ってるなと感じてても、初めての妊娠なので赤ちゃんからのSOSに気付かず、15wの時に出血。切迫流産しかけてました。


一週間入院し、その後は仕事を辞めて自宅安静に。お腹の張りは残ってたけど、『こんなもんかな・・・?』と、またしてもSOSを見逃していたのですが、28wのときスクリーニングエコーで脳内異常があると言われ、すぐ設備が整った大きい病院に行くことになりました。


そこでの検査結果は「水頭症の疑い」。入院となり、羊水検査→異常なし、MRI→異常が見つからない・・・でもその後は次々異常が発見されました。2本あるはずの臍帯動脈が1本無い、子宮内胎児発育不全、心臓に小さな穴、右軸偏位。お腹の張りは常にありました。


35wまでお腹で育ててから出産しようと担当医と計画し、いろいろ予定も立てたのですが、34w6dにお腹の張りがひどくなり、緊急帝王切開で1,910gの男の子誕生。息子はすぐさまNICUに入りました。


水頭症はよくならず、誕生2か月目にシャント手術。術後半月で体調が良好になり退院しました。現在は4か月で体重5,000gです。同じ月齢の子と比べるとまだまだ小柄だけど、修正体重と比べると順調です。シャントも異常なし。成長を見守るしかありません。

プレママへのひとことメッセージ お腹の張りに注意して
お腹の張りは出産につながります。少しでも心配なら病院へ。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ