赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2014年8月11日掲載

切迫早産でしたが、当日はベストなタイミングで出てきてくれました

よみこ
みず 2013年12月生まれ

重篤悪阻・切迫早産と出産までに2回入院しました。とくに切迫は重症で、トイレに行くことも、ベッドの角度を45°以上上げることも禁止されました。治療が辛く号泣してしまうことも。

そして、予定日1か月前に病院で破水。これまでの治療から一転して、今度は産まなくてはいけないことに。しかし、何時間待っても陣痛は来ません。そこで、子宮口を開きやすくする薬を使うことになりました。焦る私は、看護師さんに「どうすれば、赤ちゃんが出てきますか?」と尋ねたところ、「お腹の赤ちゃんにお願いして」とのこと。本当にそれだけでいいのか悩みましたが、「今日出てきてね。ママ頑張るからね。でもできればパパが立ち会えるといいね」とお願いしました。


すると、その日のうちに自分で出てきてくれました。「陣痛はいつだった?」という感じで、何と分娩台に上がる前に頭が先に出てきてしまい、帰宅しそうになっていた先生は焦っていました(笑)。また、10分前だったら別の妊婦さんの出産と重なり、旦那は立ち会えませんでした。本当にこれしかないベストなタイミングでの出産でした。1か月早く生まれましたが、その後は母子ともに健康です。「きっとお願い聞こえたんだよね」と今でも思っています。

プレママへのひとことメッセージ お腹の赤ちゃんに語りかけて
お腹の赤ちゃんはちゃんとママの言葉を聞いています。語りかけてあげてください。

臨月、前触れなく妊娠高血圧症候群と診断されて

ななつぼし
みーた 2014年5月生まれ

2013年9月に妊娠がわかってから、つわりもなく順調な妊婦生活を送っていました。外出もおっくうになることはなく、マタニティライフを楽しんでいたのですが、臨月に入ってから、何の前触れもなく尿蛋白++、血圧は140mmHg近くまで上がり、「妊娠高血圧症候群」と診断されました。

予定日2週間前の診察後、医師の判断によりそのまま入院・出産となりました。陣痛を起こすために午前10時頃から1時間おきの陣痛促進剤の投与が始まり、午後2時頃には陣痛が5分間隔になって分娩室へ。微弱陣痛で先生が上に乗ってお腹を押したり、導尿したりしましたがなかなか出てこなかったので、最終的に鉗子で引っ張られて午後4時16分、2,466gの女の子が誕生しました。診察時の推定体重は2,900gだったのですが、低体重出生児として生まれてきてしまいました。しかし、ありがたいことに出産後数日から完全母乳で育てられることになり、1か月健診では3,450gに。現在も日々すくすくと成長しています。

プレママへのひとことメッセージ 食生活・運動は最後まで気を抜かずに
妊娠高血圧症候群は、それまで異常がなくても、自覚症状がなくても突然検査結果の数値として現れます。尿蛋白が出ると赤ちゃんがお腹の中で大きくなりにくくなるらしいので、「自分は大丈夫」と思わずに、食生活や運動を頑張って、最後まで気を抜かずに元気な赤ちゃんを産んでくださいね☆

なかなか下りてこなかった赤ちゃんが、突然・・・!

ママディス
ふーたん 2014年5月生まれ

正産期を迎え、健診のたびに「子宮口が開いてない、赤ちゃんも下りてない。運動してる? ちゃんと動いてね」と注意されていた私。元々マタニティビクスには通っていましたが、意地になりマタニティビクスに加えて毎日2〜3時間散歩をしていました。


しかし、子宮口は一切開かないまま予定日を超過・・・。陣痛誘発の予約を入れたその日の深夜、やっと陣痛が! それでもやっぱり子宮口は開かず。「まだまだだねー」なんて言われながら、念のための検査を待っていると破水しました。ナースコールをして確認してもらったところ、あんなに頑固に閉じていた子宮口はすでに4cm。急いで夫を呼んでもらい、30分後、到着する頃には全開になっていました。それでも今度は何と、「全開だけど赤ちゃんが下りてないからまだかかるねー」と・・・。「赤ちゃんて妊娠後期には下りてるものじゃないの・・・? 友達は38週で『下りてるって言われた』って言ってたな・・・」と息も絶え絶えに考えていると、突然の便意(!?)に似た感覚。慌てて「出そうです!」と助産師さんを呼ぶと、もう頭が見えていたそうです。


そして、破水からあっという間の出産に。子宮口はゆっくり開く、赤ちゃんはゆっくり下りる、とずっと思っていたのに、いざとなったらガッと開いてガッと下りてきました。通常は徐々に・・・が多いのでしょうが、私の場合は違ったようです。もしかして、夏休みの宿題は最後に慌てて片付けるタイプの子になるのかなぁ、なんて思っています。

プレママへのひとことメッセージ 赤ちゃんがゆっくりでも焦らないで
他の人と比べて、赤ちゃんが下りてこない、子宮口が開かない、といろいろ心配になりますが、普通に暮らしていて生まれてこないのはお母さんのせいじゃありません。ちゃんと赤ちゃんは生まれたい時に生まれてくるので、焦る必要ないですよ。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ