赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2015年10月15日掲載

とにかく腰が痛かった!

由紀
ゆず 2015年1月生まれ

予定日よりも1週間早い出産でした。出産日前日の夕方、おしるしが。初産だったのですが、入院の準備と両親への連絡をしたあと、しばらく家を空けてもいいようにすみずみまで掃除をする余裕がありました。


日付が変わるころには、とにかく腰が痛かったです。午前2時ごろ入院し、子宮口2cm。旦那は一度家に帰されました。腰の痛みのため、もどしてしまいましたが、6時には子宮口は8cmに。旦那に何度も電話するも出ず。寝てしまっていたらしく、7時過ぎにようやくつながり、7時半に来院。8時に出産しました。初産でしたが、病院到着から6時間で出てきました。

プレママへのひとことメッセージ どんなに大変でも・・・
どんなに大変でも、生まれた瞬間に忘れてしまいますよ。がんばれ!

息を吐いて乗り切りました

センイチ
ちい 2015年3月生まれ

陣痛は呼吸法で乗り切れるって本当でした。人って「フー」って息を吐けば、勝手に吸うようにできているので、痛みが来たらとにかく息を吐くことだけ意識していました。病院到着から55分で、ピンク色のきれいな赤ちゃんを産むことができました。

プレママへのひとことメッセージ 本番になって母性が芽生えました
出産が怖くて仕方なかったし、「赤ちゃんのためならどんな痛みにも耐えられる」という気構えも持てなかった妊婦だったけど、いざ本番になったら急激に母性に目覚めたので、そういう風にできているんだと思います。

お腹の子への負担を考え、帝王切開に

鈴木 夏未 ★ブログ「natyumiの自己主張」
けん坊 2013年11月生まれ

出産予定日を超過して入院になりました。入院して数日経ち、高齢出産であること、羊水とお腹の子の具合を考え、陣痛促進剤を使うことが決まりました。4日間陣痛促進剤を使い、4日目の朝は吐くほど痛かったです。


痛みで息を止めてしまう癖のある私は、お腹の子の具合が日に日に心配になりました。息を止めると、当然お腹の子に酸素がいかないからです。また、産んでみてからわかったことですが、息子の頭はハチが張って大きく私の骨盤は小さめのため、息子は私の骨盤から出にくかったようでした。


自然分娩を希望していましたが、最終的に帝王切開をお願いすることになり、元気な男の子を出産しました。自然分娩にこだわりすぎて陣痛促進剤を続けるより、息子への負担を考え帝王切開にしてよかったです。

プレママへのひとことメッセージ 痛みも不安も、後で笑って話せます
初めての出産は未知の世界で不安があると思いますが、とっても楽しくて幸せな経験になります。痛みも不安も後になると笑って話せるから大丈夫です。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ