赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー発育・発達

発育・発達

Q. 1歳。生後間もない頃から、むせて咳き込むことが続いています。 (2016.2)

  • (妊娠週数・月齢)1歳0か月

1歳になったばかりの男の子です。生後間もない頃から授乳でよくむせていました。街の授乳室などでほかの子もむせていたので、これはよくあることで成長すればうまく飲み込めるようになるだろうと思ってきました。いま1歳ですが、相変わらずよくむせます。授乳では減りましたが、自分の唾液やお茶などでむせて咳き込み、息ができないほど「うっうっ」となることがよくあり、気がかりです。咳き込んだときの対処の方法を教えてください。また、このまま様子を見ていてもいいでしょうか。あるいは病院を受診する必要があるでしょうか。

回答者: 板橋家頭夫先生

 新生児期や乳児期早期にはよくむせることがあります。この原因には、以下に示すようないくつかのことが考えられます。

 胃〜食道括約筋の機能が未熟であったり、胃の形がちょうど牛の角のような形態をしているために、ちょっとした腹圧がかかったときに胃の内容物が食道のほうへ逆流し、むせ込むことがあります。その他、気管の入り口(喉頭)が生まれつき息を吸うときに狭くなり、むせることにつながることもあります(「喉頭軟化症」といいます)。ただ、この場合、日常的に呼吸に伴ってゼロゼロすることが多いと思います。また、仰向けになっている状態で唾液などが気管に入りそうなときにむせることもあります。これらはいずれも多くの場合、1歳あたりまでにむせるエピソードは減少していきます。

 予防接種や乳児健診などでたびたびかかりつけ医の診察を受けていることと思います。その医師からとくに問題を指摘されていないのでしたら、あまり心配はないかとは思いますが、現在でもむせるエピソードがあまり減少していないようですので、かかりつけの小児科医に再度相談し、診察を受けてみてはいかがでしょうか。必要に応じて、専門医療機関に紹介していただけると思います。

 なお、咳き込んだときには、まずお子さんを縦に抱いて手のひらで背中を軽くたたくようにし、呼吸が安定するのを待ちます。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。