赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー食事と栄養・離乳食

食事と栄養・離乳食

Q. 離乳食を2回食にするときの進め方を教えてください。 (2009.3)

  • (妊娠週数・月齢)6か月

まもなく生後6か月になる男の子です。5か月に入ってすぐに離乳食を始めました。はじめは思うように食べてくれませんでしたが、3週間目ころからよく食べるようになりました。生後6か月になるころには2回食にするつもりですが、1回の量を増やしてから2回食に進むべきか、量はそのままで回数を増やすべきか、よくわかりません。最近は粉末のベビーフードを3種類、1袋ずつ与えています。量はトータルで10g〜15g程度です。離乳食の後だけミルクを100ml作りますが、半分飲んで終わりか、ミルクでなくおっぱいを欲しそうにしていたら、おっぱいをあげています。今後の離乳食の進め方を教えてください。

回答者: 太田百合子先生

 離乳食の量を増やしてから1日2回にするか、量はそのままで回数を2回にするかということですが、それはどちらでもかまいません。

 ひとつの目安は体重の増え方です。母子健康手帳にある「身体発育曲線」のグラフに身長と体重を記入して、生まれてから現在までどのような曲線を描いているかを見てみましょう。体重の増え方が順調ならば、現在の離乳食やミルクの量はちょうどいいと考えて、生後6か月ごろには2回食にしてみましょう。

 参考ですが、栄養相談をするなかでお母さんたちから話を聞くと、量はそのままで回数を増やしたほうが赤ちゃんに負担なく、自然に2回食に移行できることが多いようです。また、2回の離乳食のうち1回は離乳食の量を少し減らしてもいいでしょう。

 しかし、赤ちゃんはそれぞれですから、いろいろなやり方でかまいません。基本からあまりにも外れることがなければ、赤ちゃんの様子を見ながらとりあえず試してみることです。たとえば、赤ちゃんが少し食べなくなるようなことがあっても、栄養の中心はおっぱいやミルクですから悩むことはありません。1回食に戻して、赤ちゃんが慣れるのを待ってもいいのです。

 この時期に気をつけたいのは、食べるのが上手になってくると赤ちゃんは早く口を開けて催促するようになり、丸飲みをするようになることです。できれば、離乳食は口の中で溜める練習ができるように、その時期にあった固さやとろみの調整をして、声をかけながらゆっくりと進めてください。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。