赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー性格・親のかかわり・育て方

性格・親のかかわり・育て方

Q. 生後4か月の娘が単身赴任中の夫が帰宅するたびに大泣きします (2009.4)

  • (妊娠週数・月齢)4か月

まもなく生後4か月になる娘が、単身赴任の夫が帰宅するたびに人見知りをして大泣きするので困っています。娘と夫が接するのは週に平均5時間ほどしかありません。夫は人とのコミュニケーションが不得手なところがあり、娘の思いを推し量るのが苦手です。私が仲に入ってうまくいっても、数分後にはまた大泣きしてしまうこともしばしばです。夫と娘が仲良くなるために、何か私にできることがありますか。

回答者: 汐見稔幸先生

 生後4か月というと、まだ人見知りする段階ではありません。「人見知り」というのは文字通り、人を見知って区別できるようになったときの心的体験で、ふだん見知っている人には安心を示すのに見知らぬ人だと不安になって泣き出すというような出来事を指します。専門的には「8か月不安」といわれるように、生後8か月頃になると生まれてくる新たな感情体験のことで、それまであまり区別していなかった親しい人とそうでない人の区別がつくようになり、親しい人には安心の感情を感じるのにそうでない人には逆の感情を感じるという成長の反映です。

 ご相談のお子さんは生後4か月ですから、8か月不安とは異なった感情体験をしているのだと思われます。おそらくお父さんの不安な気持ちを敏感に感じ取り、それが子どもの不安な感情を誘い出すのだと思います。

 新生児期からある時期までの赤ちゃんは、その後なくなるように見える不思議な力をたくさん備えています。そのひとつが親の感情を感じ取る力です。お母さんが何かが原因で不安でいると、そういうことをはっきりと言わないのに、抱いてあげても赤ちゃんが泣き出すということがよくあります。不安が伝播するかのようです。これはおそらく、大人が不安な心情でいると体のどこかからそれを表現する何かが発せられ、それを赤ちゃんが敏感に感じ取っているためではないかとも思われます。脳波かもしれません。あるいは気配といわれているものかもしれません。やがて科学はそれを明らかにするでしょうが、ともかく、経験的に抱く方に不安があると赤ちゃんはその不安を感じて泣き出すことがあるとわかっているのです。

 相談のケースではおそらく、お父さんが「また泣かれるんじゃないか」と思って自信なさげに抱こうとすることが、赤ちゃんの泣きのいちばんの原因になっている可能性があります。お父さんが心から「自分の赤ちゃんはかわいいな」「ホラお父さんだよ、かわいいねえ」という気持ちになって自信を持って抱けば、おそらく泣くことも減るはずです。それから、自信がないために抱くときに腕だけで抱いている可能性もあります。赤ちゃんの体をうんと引き寄せて、お父さんの体にしっかりとくっつけるようにして抱けば安定するので泣かないのですが、腕だけで抱いているとどうしても小さなふるえがありますので、赤ちゃんがそれを感じて泣くという可能性もあります。

 こうすれば大丈夫という特効薬はありませんが、まずは無理に抱こうせず、赤ちゃんと顔を合わせるときにはお父さん自身が「いいお顔」をして、赤ちゃんの目を優しいまなざしでしっかりと見つめることから始めてほしいと思います。それで泣かなくなってきたら、お父さんも赤ちゃんも機嫌がいいときにお母さんからていねいに受け取るようにして抱いてみてください。そのときには、縦抱きでいいので赤ちゃんの顔をしっかり見て、「いいお顔」で見つめてあげてください。

 もし、そういう努力を重ねてもうまくいかないという場合は、お父さん自身の赤ちゃんのときの体験が影響している可能性があります。赤ちゃんのときに何らかの理由で、無条件でかわいがってもらえなかったということがあると、そのときに感じたいらだちや立腹、怨念のような感情がどうしても出てしまい、それを赤ちゃんに転化している可能性があるのです。この場合は、専門の小児精神科に一度相談されるといいと思います。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。