赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー食事と栄養・離乳食

食事と栄養・離乳食

Q. 1歳4か月(男児)。食べさせてもらうのを待ちますが自分で食べさせる方法はありますか (2009.4)

  • (妊娠週数・月齢)1歳4か月

1歳4か月の息子です。1日3回きちんと食べますが、自分の手で口に運ぼうとせず、私に食べさせてもらうのを待っています。とくに好きなもの(いちご、芋、菓子など)は進んで手に取って食べますが、ときには自分の手から私に渡し、食べさせてくれるよう促します。私が「自分で食べなさい」と子どもの手に戻したり、お皿の上にのせたりすると、機嫌が悪くなって決して口に運ぼうとしません。最後には私が諦めて子どもの口に運びますが、このままでいいのか悩んでいます。自分で食事ができるようにするには、どうすればいいのでしょうか。

回答者: 太田百合子先生

 1歳過ぎても、まだやわらかめの食事が多いと思います。手でさわってベタベタしていないものは手づかみ食べがしやすいのですが、ベタベタしたものは自分で食べることをためらいます。まだスプーンやフォークを扱うことが難しい時期であることとも関係しています。子どもなりに見たりさわったりした経験から、手でさわりたくないものは食べさせてほしいと思うのでしょう。

 それから、この時期はお母さんに再接近の時期ともいわれ、自分でできるのにお母さんに甘えてやってほしくなります。「赤ちゃん返り」が見られるのもこの時期です。このようなことからも、食べさせてほしいときは一時的なことですから甘えさせてあげましょう。

 子どもがよく食べるようになると、つい大人は食べることをせかしがちです。そうすると、食べさせてほしいとせがむようになることがありますから、ゆったり食べることを心がけましょう。

 ご相談の場合は、好きなものは進んで手づかみ食べをしているようですから、むしろ、いろいろな食品を味わう体験を増やすことで好きなものが増えていきますし、スプーンなどを扱うのが上手になってくればさらに自分で食べるようになりますから、急がないことです。

 自分で食べたときは、「できるようになったのね」「すごいね」などとほめてあげましょう。また、「ママにもちょうだい」と言って、子どもの手で口に運んでもらうのもいいでしょう。上手にママの口に運べて「ありがとう」と感謝されれば食事が楽しくなり、手づかみ食べの機会も増えてくるでしょう。

インターネット相談室が本になりました!詳しくは妊娠・育児の応援ショップ 本の楽育まんてん堂へ。powered by 母子保健事業団 インターネット相談室は母子保健事業団の協賛により運営しています。