赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー食事と栄養・離乳食

食事と栄養・離乳食

Q. 生後5か月半。離乳食開始直後ですが食材は単品で与えるほうがいいですか。 (2009.11)

  • (妊娠週数・月齢)5か月

生後5か月半の男の子です。離乳食を始めて2週間が経ちました。知人から「開始当初はおかゆだけ、かぼちゃだけ、と単品で与えたほうがいい」と聞き、いまは10倍がゆとかぼちゃのペースト、それぞれをポタージュ状まで湯ざましで薄めたものを食べさせています。ほうれんそうがゆやかぼちゃがゆなどが紹介されている場合もありますが、どちらが正しいのでしょうか。厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」にも、単品で食べさせたほうがよいという記述はなかったように思います。離乳食の食材の使い方や増やし方について、教えていただけたらと思います。

回答者: 太田百合子先生

 離乳食開始頃は単品で食べさせるほうがいいというのは、消化機能の未熟な赤ちゃんには食物アレルギーを起こす可能性があるので、はじめての食品はなるべく1品ずつ与えるのが安全という考えからです。いろいろな食品に慣れてくれば、ポタージュ状にしやすいおかゆや野菜は混ぜても安心です。

 どちらかというとたんぱく質類に食物アレルギーを起こしやすいので、豆腐やしらすなどのたんぱく質類を使うときは、まずは単品で与えてみましょう。だいたい1〜2時間後に下痢やじんましんなどを起こさなければ、ほとんど消化に問題はないと思っていいでしょう。

 食物アレルギーを起こすのではないかといつまでも同じ食品ばかりでは、バリエーションがなく赤ちゃんも興味がわきません。旬の食品を使いながら、いろいろな種類を少しずつ試してください。

 もうひとつの考え方として、たとえばかぼちゃだけを単品で与えると、しっかりかぼちゃの味として認識することができるので味覚が広がるという考えがあります。咀しゃくの点でも、2〜3回食になってもおじやのように混ぜた1品だけでは学習できないので、単品を品数多く組み合わせたほうがいいでしょう。

 いずれにしても楽しく安全に食べることができればいいので、おいしい離乳食づくりを目指してください。混ぜたらおいしそうだなと思う組み合わせなら、1回食でも赤ちゃんはおいしく食べるでしょう。