赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー妊娠中の気がかり(体重・食事・病気・体調など)

妊娠中の気がかり(体重・食事・病気・体調など)

Q. 妊娠36週。風邪で体調を崩してから不眠と不安感が続いています。 (2009.11)

  • (妊娠週数・月齢)妊娠10か月 (36〜39週)

妊娠36週の初産婦です。30週のときに風邪をひいて体調を崩してしまいました。産婦人科で妊婦でも飲める風邪薬を処方してもらい、風邪は治りました。しかしそれ以降、不眠や不安感に悩まされています。夜はほとんど眠れず、夫が仕事に出かけてしまうと、ひとりでいることが怖くてたまらないのです。産婦人科で相談し、不眠については睡眠導入剤を処方してもらいました。また、不安感には神経科で妊婦でも飲める坑不安薬を処方してもらいました。妊娠後期には、このような症状が出ることがあるものでしょうか。出産後、いま飲んでいる薬をやめられるかどうかも心配です。産前産後の過ごし方など、アドバイスをいただけたらと思います。

回答者: 遠藤俊子先生

 もう少しで赤ちゃんに会えますね。風邪をきっかけに心配になることが増えたということについてです。

 まず、妊娠後期に風邪をひいて薬を内服する方はたくさんいます。また、個人差もありますが、一般的に妊娠期はホルモンの変動により精神的に不安定になりやすいといわれています。 今回は自分の変化に気づかれ、さまざまな方に相談し、自分なりの対処方法を見つけられたのですね。

 出産後の薬に関しては、いまから考えすぎず、産後の様子にまかせてみてはいかがでしょうか。といいますのは、一般的に、産後は急激なホルモンの変化や生活の変化で精神的に不安定になることがよくあります。いま通院して薬の処方などしていただいている医師と、産後も相談されることがよいでしょう。また、自分が心配に思うことや不安な思いを、自分が信頼できる方や同じ状態にある人(いまなら、妊婦や出産を経験した方)などに聞いてもらうこともよいでしょう。

 初産婦さんは、赤ちゃんのために一生懸命になるあまり、『私は良い妊婦(母親)じゃない』と感じる人が多い印象があります。赤ちゃんがおなかの中ですくすく育っているいま、自分自身が出来たことを思い返してみましょう。また、育児で自分が準備したことや出来るようになったことなどを書き出してみることもよいでしょう。

 産後は赤ちゃんの育児に想像以上の体力が必要になります。家事などを助けてもらえるよう、協力者をいまから調整できるといいですね。一生のうちで数回しかない妊娠や出産の時期を、赤ちゃんを迎える準備をして楽しみましょう。