赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・子育て相談室インターネット相談室Q&Aバックナンバー食事と栄養・離乳食

食事と栄養・離乳食

Q. もうすぐ11か月。卒乳を考えていますが、栄養と水分補給が十分にできるか心配です。 (2011.11)

  • (妊娠週数・月齢)11か月

もうすぐ11か月になる男の子です。完全母乳で育てていますが、私の体重の減りが激しく、体力も奪われるため、卒乳を考えています。現在、3回の離乳食に加え、午前、午後、就寝前の3回、夜中ぐずったときに母乳を与えています。しかし、離乳食はいやがって食べないときもあり、ストローで麦茶や豆乳を与えますが、少ししか飲みません。発育は身長、体重ともに大きめですが、卒乳後、栄養補給と水分補給が十分にできるのか心配です。卒乳後は母乳のかわりにミルクを与えて、不足分を補ったほうがいいでしょうか?具体的な方法を教えてください。

回答者: 太田百合子先生

 生後11か月ころの栄養摂取は、母乳から離乳食に変わっていく時期です。3回の離乳食のリズムがあり、ある程度食べていて発育は順調のようですから卒乳に向けて大丈夫でしょう。

 水分補給は、ストロー・コップ・マグを少し練習すれば簡単に飲めるようになると思います。現在、水分をあまり欲しがらないのは、母乳から水分がとれているためです。母乳の回数が少なくなることで水分摂取も増えると思いますが、欲しがらなければ無理に与える必要もありません。離乳食の汁物や果物からも水分がとれているので安心してください。

 離乳食には「むら食い」があるのが普通です。食べないときは、食のリズムが大事なので少量でも食べればよしとして、無理しないことが大切です。

 卒乳後は、食べる量が増えると思うので、育児用ミルクというよりは、1日3回の食事と1〜2回の間食を中心にしていきましょう。

 しかし、離乳食の進み方は個人差が大きいものです。卒乳後に離乳食をあまり食べなくて心配なら、しばらくミルクやフォローアップミルクをコップやストロー、ほ乳びんなどで1日約400ml程度を飲むようにしてもいいでしょう。