母子衛生研究会からのお知らせ|公益財団法人母子衛生研究会"

ホーム > 母子衛生研究会からのお知らせ

母子衛生研究会からのお知らせ

このコーナーでは、①妊娠・出産・子育てに関連するニュース ②「赤ちゃん&子育てインフォ」や当会および関連団体のお知らせ情報を掲載しています。


2021年9月13日

厚生労働省では、すべての子どもが個性豊かに、たくましく育っていけるような環境・社会を目指し、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めています。
児童福祉週間には、子どもの健やかな成長を国民全体で考える取り組みが、全国各地で開かれる予定です。
その象徴となる令和4年度児童福祉週間の標語を厚生労働省が募集しています。
未発表の作品ならば、どなたでも郵便、ファクシミリ、インターネット、メールから応募できます。

募集期間:2021年(令和3年)8月 1日(日) ~ 9月30日(木)
    ※郵送の場合、当日消印有効

詳細は下記のページをご覧ください。



2021年9月10日

緊急事態宣言の延長に伴い、下記の催事を中止致します。
※振替開催や次回優先予約、お土産・資料の発送等は行いませんのであらかじめご了承ください。


■中止する催事

【妊婦教室】
9月16日(木)ハロー赤ちゃん!中野会場
9月16日(木)ハロー赤ちゃん!大阪会場
9月27日(月)ハロー赤ちゃん!柏会場
9月29日(水)ハロー赤ちゃん!札幌会場

【幼児向け教室】
9月29日(水)新米ママの育児講座 墨田会場


2021年8月30日

北海道の緊急事態宣言発出に伴い、下記の催事を中止いたします。

※振替開催や次回優先予約、お土産・資料の発送等は行いませんのであらかじめご了承ください。

■中止する催事

【妊婦教室】
8月30日(月)ハロー赤ちゃん! 札幌会場


2021年8月23日

現在、全国的に医療体制が逼迫しています。

日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は、新型コロナウイルスに感染して自宅や宿泊施設での療養となった妊婦に向けた文章を公開しました。

この文書では、コロナに関係なくかかりつけの産婦人科に連絡したほうがよい妊娠中の症状や、コロナ療養中の健康観察のポイント、急いでかかりつけの産婦人科もしくは保健所に連絡したほうがいいコロナに関連した基準等を示しています。

詳しくは以下をご覧ください。
「新型コロナウイルス感染で妊娠中に自宅や宿泊療養(ホテルなど)となられた方へ」


2021年8月18日

新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会が連名で、新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについての情報を更新して公開しています。

最近では妊婦の感染も多数確認されています。
今回の文書は、アメリカ疾病対策センター(CDC)が妊婦へのワクチン接種を強く推奨する声明を出したことを受け、また、妊婦が感染する場合の約8割は夫やパートナーからの感染であるという理由から

  • 妊婦は時期を問わずワクチンを接種すること
  • 妊婦の夫またはパートナーはワクチンを接種すること
を勧める内容となっています。

接種を希望する場合の留意点なども確認できます。詳しくは以下をご確認ください。

日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会
「新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)」


2021年8月 2日

神奈川県の緊急事態宣言発出に伴い、下記の催事を中止いたします。

※振替開催や次回優先予約、お土産・資料の発送等は行いませんのであらかじめご了承ください。

■中止する催事

【妊婦教室】
8月20日(金)ハロー赤ちゃん! 横浜会場


2021年7月29日

RSウイルス感染症が流行しています。
国立感染症研究所によると
全国約3000か所の定点医療機関から報告されるRSウイルス感染症患者は
2021年第2週から増加傾向にあり、第25週は過去3年間の中で最も多い報告数となりました

RSウイルスは2歳までの子どものほとんどが感染するウイルスで、
多くの場合は、発熱や鼻汁、咳などのかぜに似た症状が数日続きます。
軽症で済むケースがほとんどですが、早産児や低月齢の赤ちゃん、先天性心疾患などを持つ子、ダウン症の子などは重症化しやすいと言われています。

手洗いや咳エチケット、マスクの着用など一般的な感染予防対策を心がけましょう。
※2歳未満の子どものマスク着用は危険と日本小児科医会が呼びかけています

詳細は、国立感染症研究所「IDWR 2021年第25号<注目すべき感染症> 」をご覧ください




2021年7月 9日

東京都の緊急事態宣言発令に伴い、下記の催事を中止いたします。

※振替開催や次回優先予約、お土産・資料の発送等は行いませんのであらかじめご了承ください。

■中止する催事

【妊婦教室】
7月13日(火)ハロー赤ちゃん! 中野会場


2021年6月24日

「コロナ時代の妊娠・出産・子育て~Withコロナ、Afterコロナに対応するために~」を更新しました。


「ワクチン」「変異株」など、妊婦さんや子育て中の保護者がいま気になっていることについて、産婦人科医師・小児科医師に加筆していただきました。
リンク等の情報もアップデートしています。



2021年6月17日

新型コロナウイルスワクチンの接種対象が拡大するなか、日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会が連名で、妊婦のワクチン接種についての情報を公開しています。

接種したほうがいいケース、接種後に副反応が出た場合の薬の服用について、接種の手順など、新型コロナウイルスワクチンの接種を検討する妊婦が疑問に思うと考えられるさまざまなことについて情報が得られます。

日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会・日本産婦人科感染症学会
「新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて」