赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報むし歯を予防するには?絵で見る 乳幼児期の歯みがきのポイント

絵で見る 乳幼児期の歯みがきのポイント

協力:東京医科歯科大学大学院小児歯科学分野助教 茂木 瑞穂
※ 月刊母子保健2008年6月号より転載

乳歯が生える前からお口のケアをスタート

濡らしたガーゼで歯ぐきを拭いたり、食後にお茶や湯冷ましを飲ませて口の中を清潔にしてあげましょう。

1歳をめやすに歯ブラシを持たせましょう

1歳を過ぎたら歯ブラシを持たせて自分で磨かせます。のどの奥まで入らないタイプの歯ブラシを。

仕上げ磨きのポイント

仕上げ磨きを行うときは両ひざの間に仰向けに寝かせ、頭を安定させます。口の中がよく見えて、しっかり確認しながら磨けます。

前歯だけのころは、ヘッドが小さく、やや柔らかめの歯ブラシを使います。

歯ブラシは、ペンを持つように。

磨き残しのないように一筆書きで流れを作って磨きましょう。上の歯は表側(頬側)、下の歯は裏側が磨きにくいので意識して磨きます。

歯ブラシの正しい使い方

歯ブラシを横に細かく動かして磨くことを意識しましょう。

奥歯の裏側は歯ブラシを45度傾けて。歯垢がたまりやすい歯と歯ぐきの間もしっかりと。

前歯は歯の面に直角に歯ブラシをあてます。

上の前歯は、上くちびるをめくり、筋のような小帯を指で押さえてブラシが当たらないようにします。

歯と歯の間はデンタルフロスを使用すると歯垢を除去するのに役立ちます。

インターネット相談室Q&A「歯とお口のケア」も参考にしてください。


むし歯を予防するには?トップへ