赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報“毎日の生活”がことばを育むからだを使って遊ぼう!

Part2 やってみよう! 〜イラスト解説〜

2.からだを使って遊ぼう!

日常生活によくある「からだを動かす遊び」は、実は、ことばの発達を促すことにつながっています。とくに「揺れ」「上下動」「触覚」「回転」「加速度」をともなう5つの遊びは、赤ちゃんの感覚を刺激し、脳を活発にします。
赤ちゃんがうれしそうにしているか、ママと視線を合わせるかなど赤ちゃんの反応を見ながら、からだに働きかける遊びをいっしょに楽しみましょう。

●上下動

お空からストン(歩き始めのころ〜)
赤ちゃんのからだを手足で支え、左右に揺らしたり傾けたりして最後におなかの上にストン。
こうした上下動が脳の働きを活発にします。
ほかに「トランポリン」「たかいたかい」「階段をピョーン」(安全に注意して)など。


*赤ちゃんがこわがらないように、手を添えて。

●触覚

ふとんの上でコチョコチョ(1歳6か月ころ〜)
ふとんの上でくすぐり遊び。人との接触に慣れるとともに、からだを動かし声を出して笑うことで、脳にさまざまな刺激が伝わります。
ほかに「ぎゅっと抱きしめる」「おでこをゴッツンコ」「お風呂でスキンシップ」など。

●揺れ

シーツでゆらゆら(おすわりのころ〜)
ゆっくりゆらします。揺れる動きがバランス感覚を育てます。
ほかに「抱っこでゆらゆら」、大きくなったら「ぶらんこ」など。

●回転

いも虫ごろごろ(2 歳ころ〜)
楽しくリズムにのって。頭・首を支点にからだを回転させる動きで姿勢を保つ力も向上します。
ほかに「抱っこしてくるり」など。

●加速度

すべり台(1 歳6 か月ころ〜)
上体のバランスがしっかりしてくると、速度に負けずすべることができるようになります。
加速度の刺激や視野の変化が平衡感覚を育てます。
ほかに「手押し車にのせてぴゅーん」など(スピードを出しすぎないように)


*後頭部を打たないよう大人がきちんと補助しましょう。


もくじへ戻る