赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報はじめての離乳食食事としての「おやつ」

食事としての「おやつ」

一度にたくさん食べられない子どもにとって、おやつは大切な食事の一部です。
「栄養素やエネルギーの補給」「水分の補給」「食べる楽しみ」などの意味があります。
甘いお菓子やスナック菓子などではなく、食事の補いになるものをあげましょう。

与え方
3回の食事を規則的にして、おやつは1日1〜2回、量と時間を決めましょう。
おにぎり、ふかしいも、果物などがおすすめ。乳製品は、離乳食にもおやつにも使えます。
お茶などの飲み物も一緒に摂りましょう。

おすすめおやつ
季節の果物
いちご(ヘタをとって)
みかん(皮をむいて)
りんご(スティック状に切って)
ぶどう(皮と種を取り、大粒のものは小さく切って)
野菜
ふかしいも
にんじんのゼリー
主食になるもの
おにぎり
ロールサンド(ジャムなどを薄くぬって)
お好み焼(小さく焼き、食べやすく切って)
乳製品
ヨーグルト
チーズ

はじめての離乳食もくじへ