赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報沐浴とスキンケアPart1 バスタイム

Part1 バスタイム

お風呂に、大人といっしょに入ってもいい?

医学的にいえば、退院後すぐから大人といっしょに入浴しても、ちっともかまいません。「慣れないうちはちょっと不安」「時間帯が合わない」などのとき、ベビーバスを使うといいでしょう。

お湯の温度

赤ちゃんが一番気持ちいいのは37〜38度、つまり羊水の温度です。熱いお湯は赤ちゃんには向きません。適温がわかりにくいようなら湯温計を利用すると便利です。

汚れのたまりやすい部分をていねいに

からだを洗うときは、洗濯した清潔なタオルを使うのが一番。耳のうしろ、うなじ、わきの下、おしり、股など、汚れのたまりやすい部分はていねいに。

顔は、低刺激性洗浄料と手で

顔は低刺激性洗浄料を使って、手で洗います。化繊のスポンジは、肌を傷つけやすく、内部にカビが生えることもあります。

ポイント
・洗浄料は肌に残らないよう、すすぎは十分に
・顔は皮膚用の洗浄料、頭は頭用シャンプーで洗いましょう

えっ、顔も洗浄料で洗うの?

「顔にブツブツができちゃって」と心配そうな親ごさん。「洗ってる?」と聞くと「とんでもない、怖くて洗ってません」という返事。そう、意外に顔を洗ってもらえていない赤ちゃんが多いのです。
生後2か月くらいまでは皮脂分泌がとても盛んですから、洗わなければトラブルになるのはあたりまえですね。入浴時、洗浄剤(低刺激性洗浄料)でちゃんと洗ってあげましょう。
授乳や離乳食の後も、顔はきれいにふいてあげたいですね。乾いたタオルでゴシゴシこすると肌を傷つけてしまいます。水でぬらしたタオルでふくか、思い切ってシャバシャバと洗ってあげてください。その後、カサカサ防止にクリームかローションをぬります。

脂漏性湿疹

頭やひたい、眉毛、胸などに赤茶色の湿疹やクリーム色のかさぶた、カサカサしたふけのようなものができます。ふつう痛みやかゆみはありません。生後まもなくから3か月くらいまでに多くみられるトラブルで、原因は皮脂。この時期までは男性ホルモンの影響で皮脂が多く分泌されるからです。
入浴時、洗浄料やシャンプーでしっかり皮脂を洗い落とさないと、ときには頭全体がびっしりかさぶたになることもあります。かさぶたは無理にはがそうとせず、入浴前に白色ワセリン(薬局で購入できます)などをつけてふやかし、それから洗うときれいにとれます。

沐浴剤、使ってみてもいい?

洗い流す必要のない沐浴剤は、赤ちゃんの体を洗うのに不慣れな時期には、便利なグッズでしょう。

固形せっけんと液体ボディーシャンプーはどちらがいいの?

「無添加せっけん」が一番肌には優しいと思われていることも多いのですが、通常のせっけんはアルカリ性。皮膚は弱酸性なので弱酸性洗浄料が合っており、これらはほとんどが液体。昔は液体の界面活性剤は強いというイメージがありましたが、今はそんなことはありません。「ベビー用」か「低刺激性」という製品を選べば安心です。さらに弱酸性であればよりよいわけです。

シャンプー剤はどうする?

頭皮や頭髪の汚れは体のほかの部分とちょっと違うので、すっきり洗うならシャンプーを使うのが一番。せっけんでは汚れは落ちません。ベビー用でも大人用でもOKです。「刺激が強いのでは?」という心配があるなら、「低刺激性シャンプー」と表示されているものを選ぶといいでしょう。わからないときは薬局で相談してみてください。


沐浴とスキンケア もくじへ