赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。


09年12月14日掲載

◆ 流産の危機を持ちこたえて、生まれてきてくれました

ぶきぶき
こぶき 2009年6月生まれ
妊娠してすぐ先生に『流産するかも』と言われていて。以前も妊娠はしましたが流産したので、毎日不安な思いで日々過ごしていました。そんななか、パパが毎日会社の帰り神社に500円(高いっ!)のお賽銭を入れて私と赤ちゃんの無事をお祈りしてくれていた気持ちが伝わってか、赤ちゃんは3回あった流産の危機を乗り越えて持ちこたえてくれました。
4か月のつわりの生き地獄からようやく解放されたとき、今まで食べたかった気持ちが爆発☆ あれもこれもいーっぱい食べてしまい、つわりで減った分1か月で一気に元の体重に増加。パパも両親も私がつわりで何も食べれなく苦しんでいたことをよく知っているのでようやく食べれるようになった私を誰も止めず、止めるどころか、食べれるようになった私を見て嬉しくなったらしく、どんどん食べ物を買ってきてくれたおかげで、私はぶくぶく太ってしまいました(笑) 先生には『体重増えすぎ!』と叱られたので、毎日母とワンコとで2〜3時間の散歩をがんばってましたが、結局、元の体重プラス14kgに!

お産の始まりは予定日の前日。パパを仕事に送り出したあとおしるしがありその日の夜には15分間隔の軽い陣痛が。病院に連絡するとそのまま入院へ。病院に向かう車中でパパと『いよいよだね』と、今までのことを話しながらドキドキしてましたがお産に対する不安はなく、やっと会える♪という嬉しさが込み上げてきていました。
病院に到着し陣痛がだんだん強くなるなか、骨盤が狭く赤ちゃんの頭が大きかったので出産30分前まで先生に『帝王切開かなぁ〜』と言われてビクビクしていましたが、お産が進むにつれて骨盤が広がってくれたので、なんとか普通分娩できました☆
途中、赤ちゃんのお腹にへその緒が巻きつき心拍が下がるなどのトラブルはありましたが、パパと私の母に立ち会ってもらい、予定日ピッタリに3,508gの大きく元気な赤ちゃんを無事出産することができました★
パパの両親も入院の知らせを聞き病院に来てくれていたのでグットタイミングでした♪ 皆が揃ったときに生まれてきたかったのかな♪ 結婚5年目に授かったわが子。つわりはきつかったし陣痛は痛かったけど、そんなのすべて吹き飛ぶくらいかわいくて、とってもとっても愛しい私たちの宝です♪ 出産は想像以上に素晴らしいです☆陣痛は辛いけど、そんなの吹き飛ぶほどの幸せと喜びが待ってます♪頑張ってください(*^_^*)
プレママへのひとことメッセージ 産後に、幸せと喜びが待っています!
出産は想像以上に素晴らしいです☆陣痛は辛いけど、そんなの吹き飛ぶほどの幸せと喜びが待ってます♪頑張ってください(*^_^*)

◆ 3日がかり、座位分娩で産みました

まるきんぐ
こうちゃん 2008年12月生まれ 
陣痛促進剤を使って3日がかりで出産しました。 2日目の夜、「今日はこれ以上促進剤を打っても効果はありませんから、明日の朝促進剤の種類を変えて仕切りなおしましょう」といわれたときには、目が点になりました。なぜなら、子宮口は8センチまで開いてたからです
促進剤の点滴を外しても10分おきに陣痛は来るし、子どもが下がってきていたからか、横にもなれずベッドに腰をかけたままで3日間過ごしました。幸い子どもが元気でいてくれたので3日目の深夜自然分娩で生まれました。横になれなかったので座位分娩でした。
妊娠期間中はトラブルもなく順調だったので安産かと思いきや、とんでもなかったです。意外にも主人がほとんど寝ずに腰を押したりして付き添ってくれ、ありがたかったです。
プレママへのひとことメッセージ いろいろな意味で、すごい経験
病院って傷みやつらさを和らげてくれる所じゃないの?と助産師さんに聞くと、「出産は病気じゃないよ」と。納得しました。いろいろな意味ですごい経験です。どれだけつらくても必ずやり遂げられて、それ以上の喜びや感動があります。大丈夫、がんばってください!

◆ 退院当日に買物したら、腰が抜けてしまいました

りょうくんママ
りょうくん 2008年4月生まれ
最初の出産前には、友達と一緒に買い物に行って、肌着やオムツなど必要なものを教えてもらいながら購入し、しっかりと準備していたのですが、2回目は油断して出産準備は完璧とはいえない状況でした。
そこで母が実家に戻る前にと、退院した日に近所に出来たばかりの大型スーパーに、夫とオムツなどを買い足しに出かけました。
ところが、あれもこれもと見て回るうちに歩き過ぎたのか、急に腰が抜けて歩けなくなってしまいました! あわてて夫に抱えられながら帰宅して、それから丸一日寝たきり状態。手伝いに来ていた母には、かなり怒られました。出産後すぐには無理がきかないことを自覚して、きちんと用意しておくべきでした。
プレママへのひとことメッセージ ベビー服は男女兼用できる色がよいかも
上が女の子、下は男の子のため、お下がりはいまだに全部ピンク系です。ひとり目のときにイエローやホワイトなどのものを増やしておくべきだったかもしれませんね。

◆ 予定日を過ぎ、適度な運動を心がけました

ぽん ブログ「mama日記」
みーちゃん 2009年8月生まれ
38週頃になっても、子宮孔は2cm近く開いてきたのに、頭がまったく下がらず、毎週健診に行っては、「お腹が張って痛くなるまで運動しなさい」「体重を増やさないように」と先生から言われていました。
適度な運動はしていましたが、お腹はほとんど痛くなりませんでした。予定日を過ぎてもなかなか出てこなかったため、「後1週間後に出てこなかったら帝王切開だよ!」と脅かされました。
その日、1時間半程、母と散歩をし、家でヨガ15分、Wii Fitを30分。夕食の準備や夕食をはさんで、その後も水分を摂りながら、汗だくになりながらマンションの階段(1F〜4F)を20往復。それでも、お腹は張るものの、痛みはなく、またWiiを1時間半。休憩もせずに取り組んだのですが、やはり痛みはなく、あきらめて、お風呂にはいって寝ました。
すると午前3時半ごろ、目が覚めてトイレに行くとおしるしが……。しかもなんだかお腹が痛い気がして・・・時計を見ながら確認すると、すでに弱いながらも15分間隔の陣痛になっていました。姉に階段の上り下りは一番よいと言われていましたが、やっぱり効果があったようです。
プレママへのひとことメッセージ よいお産を!
がんばってよいお産をしてくださいね。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ