赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。


2011年10月13日掲載

出産直前のカラダ

E.T
Y.T 2011年4月生まれ

妊娠39週0日で妊婦健診へ。「まだ全然や!たくさん歩いて、早く産んだほうがええで。」と言われ、「まだまだかぁ〜」と思いつつスーパーで買い物。すると、とくにおなかの調子は悪くないのに便意が。妊娠中はどちらかというと便秘がちだったのに・・・。家に帰ってからも、下痢ではないけれど何度も何度も排便があり、「何か悪いものでも食べたかな?」と思い返すも心当たりがなく・・・。


翌朝も排便があり、紙で拭くと出血が。「まさか、おしるし?・・・でも全然まだだって昨日言われたばかりだし、大丈夫よね」と、予約してあったマタニティ記念撮影へ。しかしお店で産気づき、支払いもそこそこに産院へ駆け込み、1時間ほど後に無事女の子が産まれました。


あとで一緒に入院していたママたちに聞くと、陣痛で気分が悪くなり吐いた、という人が半分以上でした。助産師さんに聞いたら、出産前にお腹を下したり吐いたりというのはよくある話だそうです。来るべき「決戦」にそなえてカラダが準備をするのかもしれません。

プレママへのひとことメッセージ 大丈夫!
出産は怖いけど、赤ちゃんはいつか必ず産まれます。大丈夫!

へその緒が首に巻きついたまま誕生

あいな
凛 2011年5月生まれ

ゴールデンウィーク中は仕事が立て込んでいて、里帰り先に駆けつけることが難しい状態だったパパのため、毎日ひたすら赤ちゃんに「5月5日まではお腹にいてね!!」と言い聞かせていました。「まだ生まれそうもないっぽいよ♪」と電話越しに話した直後に陣痛がスタート。


それはまさに5月5日の夜中でした!下痢に似た腹痛のような陣痛にひとりで4時間耐え、いざ産院へ・・・内診によると、子宮口5cm開大。NST(ノンストレステスト)をしたところ、赤ちゃんの心拍が乱れ、苦しがっているサインが出ていると告げられました。


子宮口全開を目前に分娩室へ移動。不安に襲われながらも、ただひたすらいきみました。いきんでいきんでいきんで吸引で出産。生まれ出た赤ちゃんは、へその緒が首にきつくきつく二重に巻かれていたため、酸欠状態で全身紫色でした。へその緒が巻きついていて降りてくることも回旋することも難しく、心拍が落ちるほど酸素も十分に行き届かない状態で、辛うじて緊急帝王切開にならなかったのは小さな体で赤ちゃんが必死に必死に生まれてこようとしてくれたからだと思います。出産はママも赤ちゃんも命がけ。無事に出逢えた奇跡に心から幸せを感じました。


ちなみに・・・立ち会い出産を楽しみにしていたパパは結局間に合わず仕舞い(涙)。大慌てで新幹線に飛び乗ったのに、その1時間後に生まれちゃいました。

プレママへのひとことメッセージ 一心同体の時期を楽しんで!
出産を機にママと赤ちゃんは個々に離れてしまいます。今だけしかない一心同体の時期をenjoyしてくださいね!

好きな体勢での出産

かきとも
まぶちゃん 2011年1月生まれ

おしるしで始まった私の出産。あまり早く病院に行くと、まだまだ出産できないと帰されると聞いていたので、ギリギリまで自宅待機。


病院に着いた時には子宮口は5cm! もうすぐ赤ちゃんに会える!と嬉しい気持ちの反面、激しい悪寒と震えが始まりました。陣痛の痛みよりも悪寒と震えが止まらず、とても辛かったです。好きな体勢で出産することができたので、はじめは横向きに、最後は四つん這いでバランスボールを抱きかかえながらいきみました。気持ちが悪くて、もうダメだと気持ちが萎え始めた頃、助産師さんから「赤ちゃんの頭が見えたよ!」との一言。


事前に、「赤ちゃんの頭が見えたら鏡で見せてください」と頼んでいたので、苦しい中鏡越しに赤ちゃんの頭を見ました。「触ってみる?」と言われ、そーっと触ってみると赤ちゃんの髪の毛に触れました。その瞬間、「あーこの子、頑張ってここまで来てくれたんだ! 私も頑張らなくちゃ!」と思ったのです。そこからはもう、ツライとか苦しいとかは忘れて、早く赤ちゃんに会いたいの一心でした。


赤ちゃんの頭を鏡で見せてくれたり触らせてくれる病院は少ないのかもしれませんが、私がお世話になった病院でも例がなかったようで、始めは戸惑っておりました。でも聞き入れてもらえたので、まずは何でも相談してみることをお勧めします! そして、ぜひとも赤ちゃんの頭を鏡越しに見たり、触ったりしてみてください! きっと赤ちゃんに、勇気づけられると思いますよ♪

プレママへのひとことメッセージ 助産師さんと話し合っておくとよいですよ
「陣痛が怖い。痛いのは嫌だ。」と思われている方はたくさんいると思います。実際私も、あの痛み苦しみは未だに忘れられない! でも不思議な事に「また産みたいな〜」と思ってしまうのです。そしてまた、私とつながっているときの赤ちゃんの頭に触りたいなーって。いろいろな出産があっていいと思いますが、悔いのないよう、バースプランはしっかりと! どんなお産がしたいのか、じっくり助産師さんたちと話し合っておくとよいと思います。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ