赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2013年11月12日掲載

痛がりの私にも、何とか乗り越えられた

らっちつま
らいとちゃん 2012年1月生まれ

一度の流産を経て、本当にすぐにもう一度お腹にやってきてくれた娘。というのは、「また来るからね!」と走り去って行った子どもの夢を、流産手術前夜に夫が見たそうです。二度目の結婚同士の私たちにとって、待望の妊娠でした。


夜中に陣痛を感じ、病院へ。陣痛室に入り、だんだん痛みも増し苦しんでいました。そして翌日の夕方にさしかかったころ、いきなり胎児の心拍が緩やかに。まず助産師さんが走ってきました。それからあれよあれよという間に、産婦人科医、麻酔科医に囲まれ、当初は自然分娩の予定でしたが、帝王切開が決定。普段から注射さえも怖いのに、お腹を切るなんてもう、恐怖で打ちのめされそうでした。でもなぜか、この苦しすぎる陣痛が終わるという安堵感もあり、複雑で混沌とした感情になりました。


生まれた直後は産声が聞こえませんでしたが、しばらく経って聞こえました。わが子と対面したときは、涙があふれました。「あなたがお腹にいたんだね」って。手術室ではあまりにも恐怖だったので、付き添ってくれた看護師さんに超世間話をしてもらいましたが、もっとわが子の様子を聞けばよかったと、今はちょっぴり後悔です。


術後は私にとってあまりにも過酷でした。足に血栓予防のブーツのようなものを履き、管をたくさんつながれ、寝返りも打てない一日寝たきりの苦痛と、傷の痛さと、数時間おきの筋肉注射と採血、抜鈎(傷を止めていたホチキスのようなものを抜いてもらう)。歩いたり起き上がったりするたびに痛い傷で、我慢せずに痛み止めを処方していただきました。数日後にやっと入れたお風呂では、お腹の傷をまともに見ることができなかったです。

プレママへのひとことメッセージ 恐怖を感じている方、大丈夫、がんばりましょう
帝王切開は「陣痛を感じなくてよいしラクだ」と言われることもありますが、自然分娩とまったく同等だと思います。正直、帝王切開となったことに落ち込んでいましたが、いまは、わが子にここから生まれたんだよと説明もできるし、誇れるようになりました。何よりも母子安全であれば、どんな出産でもいいのです。ちなみに、あんなに私にとって過酷だった帝王切開だったのに、来年4月に第二子を同じく帝王切開で出産予定です。こんなに痛がりの私でも乗り越えられたので、恐怖を感じている方も一緒にがんばりましょう。

最後は叫んでいました

くまこ
のんのん 2013年7月生まれ

予定日を3日過ぎた健診で、医師の診察中に「少し破水させたかも?」と言われ即入院。促進剤の錠剤を1時間ごとに6回服用しましたが、陣痛は不規則で当日は出産に至らず、夜中も5分から10分間隔の陣痛に耐えました。翌日も朝6時から促進剤を飲み、さらに点滴の促進剤に切り替えました。実は、実際には破水していなかったので(!)、ここで人工破水。入院から28時間後に、ようやく出産しました。


促進剤のせいかどうかわかりませんが、出産前の2時間は我慢してもうなり声が出てしまう状態。最後の1時間は「もう限界です」と助産師さんにすがりついてしまうほど痛く、最後は叫んでいましたね。夫の立ち合い出産だったので、夫がいてくれるという精神的安定はありましたが、マッサージなどは物理的にはあまり意味がなく(笑)、分娩室に入ると10分程度で生まれました。いきむのを我慢する、といったことは指示されなかったですし、たしか陣痛中からいきんでいたと思います。それから、赤ちゃんを胸に抱く時間は1分でも長くとったほうがいいですよ。

プレママへのひとことメッセージ 産んでみないとわからないから、心配しすぎないで
産んでみないとわからないことが多いもの。だから、あまり心配しすぎないで。産んだその日から母子同室だったので、入院中の睡眠時間は6日間で合計6時間程度でした。臨月にはどうぞ寝ておいてください。

何をしても陣痛が訪れず、帝王切開に

コムサ
あかり 2012年1月生まれ

結婚してすぐに妊娠。立ち仕事メインの仕事ながらも、妊娠中はトラブルなく順調でしたが、帝王切開での出産になりました。臨月に入った頃、健診で「お尻の筋肉が固い」と言われ、毎日歩くように指導されましたが、案の定、予定日になっても変化はありませんでした。3日後に入院して促進剤を投与。しかし3日経っても陣痛は訪れず、結局帝王切開になりました。

プレママへのひとことメッセージ 妊娠中はトラブルがなくても、いろいろ勉強しておいて
妊娠中はトラブルがなくても、いざ出産となると何が起こるか分からないんだなと思いました。自分は体力に自信があったし、子どももベストな大きさだったので普通分娩ができると思い込んでいたので、正直がっかりしました。万が一のことも考えて勉強したり、先生の話を聞いたりしておくとよいと思います。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ