赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2015年8月12日掲載

極度の怖がりの私。出産は恐怖のイメージでした

ステラ
やいこ 2015年2月生まれ

私は極度の怖がりで、高校生のころ保健体育等で妊娠・出産に関する授業があると、恐怖のあまり、いつも失神していました。大人になっても、友人から妊娠・出産体験記を聞くたびに気持ちが悪くなっていました。そんなわけで、自分はとてもじゃないが妊娠・出産に耐えられそうもない、と思っていました。


ところが、いざ妊娠すると、意外と冷静でした。怖いというよりも、自分がお母さんになる喜びの方が大きく、ウキウキしながら妊娠期間を過ごしました。しかし、臨月になると、出産という迫りくる恐怖に怯える日々を過ごしていました。「いっそ気を失った状態で出産に臨みたい」とさえ思いました。「小さな卵で産めたら良いのに」とも思いました。


そんな状態で迎えた陣痛。確かに痛かったですが、怖くはなく、失神もしませんでした。陣痛〜出産まで、夫に立ち会ってもらったのもよかったのだと思います。それに、取り乱すと余計に疲れると聞いていたので、なるべく冷静に、深呼吸を心がけました。結局、陣痛が始まってから5時間半で娘が生まれてきて、その顔を見たとたん、それまでの痛みも吹っ飛び、恐怖に怯えていたことがバカバカしくなりました。


恐怖のイメージしかなかった出産が、今ではとても素敵な経験として、私の思い出となっています。

プレママへのひとことメッセージ 「案ずるより産むが易し」は本当でした
出産を控えた時期は不安や恐怖といった感情を抱きがちだと思いますが、大丈夫です! 心配いりません! どうか、リラックスして妊娠〜出産期をお過ごしください。皆さまの楽しいマタニティライフと、安産をお祈りいたします。

念願の赤ちゃんとの対面

ゆうゆ
ゆとくん 2015年1月生まれ

2回の流産を経て、念願の妊娠。これが最初で最後の出産になるかもしれないから、妊婦の時間はすべてを大事に楽しもう、と思いました。


出産は、児頭骨盤不適合で帝王切開でした。手術室に向かうときから泣いている私。麻酔は思ったよりも痛かったですが、「やっとお腹の中の子に会えるんだ。夢だったお母さんになるんだ」と思って、心の中で赤ちゃんのニックネームを繰り返し呼びながらがんばりました。


赤ちゃんの産声を聞いた瞬間は、涙の嵐になりました。そして、胸元に来てくれたわが子に、「生まれてきてくれてありがとう。これからよろしくお願いします」と、挨拶しました。今、本当に幸せです。

プレママへのひとことメッセージ 人生経験を積んだ今だからこそ
私は40歳で産みました。いろいろと人生経験を積んだ今だからこそ、ゆったりした気持ちで子育てを楽しめますよ。40代でも大丈夫。がんばりましょ。

長く、つらかったつわり

ちょこ
ちょこたろう 2015年3月生まれ

私は吐きづわりが6週〜28週ごろまでありました。初めのうちは「つわりなんだから気持ち悪いのも吐くのも仕方ない」と思って、なんとなく我慢していました。しかし、ついに吐きすぎて飲みこむことができなくなり、もちろん体重減少等もあり、妊婦健診時に入院を言い渡されました。


それから5回の入退院をすることになりました。病院にいるとわりと調子がいいのに、家に帰ると悪化するので、「自分がメンタル弱すぎるせいなんじゃないか」と落ち込んだりもしました。つわりの日々はどうやっても気持ち悪くて、「誰か私を気絶させてくれ」といつも思うほどでした。12週になったら(つわりが)終わる、14週になったら、24週になったら・・・と思っては、その週の始まる日、目覚めたときの気持ち悪さに涙が出たこともありました。


妊婦生活はすごくきらきらしているものだと思っていたのにそうでもなく、やっておきたいこともできず・・・本当に長かったです。つわり中はあまり食べられなかったし、葉酸サプリも飲めなかったので心配もしましたが、3,000g超の元気な子を出産しました。

プレママへのひとことメッセージ つわりに苦しんでいる方がいたら・・・
まず、つらいなら早めに受診した方がよいです。誰かと比べる必要もないです。つらい、って騒いでも、泣いても、めげてもいいんです。しっかり医療とつながって、なんとか乗り切ってくださいね。生まれた子はとてもかわいいですよ。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ