赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠〜出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2016年12月15日掲載

赤ちゃんがスルッと出てくるイメージで乗り切りました

そらまみ
そら 2016年4月生まれ

初産の場合、予定日を過ぎて出産する方が多いと聞いていたので油断をしていました。妊娠糖尿病を患っていたため、かなりウォーキングをしていました。


案の定、予定日の2週間前に前駆陣痛らしきものが来て、病院に電話すると自宅安静と言われました。次の日も、弱いけれど前日よりは強い痛みが定期的に来たので、病院に向かうことにしました。到着は朝8時ごろ、子宮口は3cmで出産にはまだまだといった感じ。「お昼まで病院で様子をみましょう」と部屋を用意してもらい、いざ陣痛との戦い!


陣痛は波で来ます。痛みが来たときに「ふー」っと息を吐いて痛みを逃します。呼吸を整えることを意識しながら、子宮口がまだあまり開いてないので病院内でスクワットとウォーキング。12時ごろに子宮口の開き具合で家に帰るように言われたのですが、見てみると5cmまで開いていたのでそのまま病院に留まることに。陣痛がますます強くなり、呼吸+母にテニスボールでお尻の穴のあたりを押さえてもらい痛みを逃し、15時には8cmまで開きました。


17時、痛みがマックスになるころ、ずっとついていてくれた助産師さんが帰られ、次の助産師さんが来てくれたのですが、さっきと環境が変わり少しパニックに・・・。母に痛み逃しを手伝ってもらっていると、すごい破裂音が!! 母と2人でびっくりしてナースコールをすると破水したそうで、出産の準備に。そのとき陣痛が痛くて痛くて台に足をのせるのも困難だったのに急に冷静になり、いざ出産へ!! 助産師さんの「息を細かく吐いて」とか「力入れないで」の言葉に、「無理です!!」と返しながらもちゃんとその通りにしていると、30分で息子を出産することができました。イメージは馬とか牛の出産のようにスルッと出てきた感じ。力を入れすぎると子どもが窒息してしまうと聞いたこともあり、スルッと出てくるイメージで分娩に集中していたらあっという間でした。


同じ時期に産んだママ友は痛すぎてまだ忘れられないみたいですが、それに比べると私は痛みも少なくすごく楽に出産ができたみたいで、生後6か月のいまは出産の痛みなどすでに忘れています。痛がりな私は「出産なんて」と思っていたけど、痛みを乗り越えて息子を出産できて、本当によかったです。

プレママへのひとことメッセージ 落ち着いて痛みを逃すことに集中して
出産の痛みはあっという間です。痛みを逃すことに集中し、出てくる子どもも時間がかるとつらいと思うので、子どものためにも助産師さんが言うとおり、落ち着いて出産してみてください。

マニュアル通りの安産でした

うさこ
ゆい 2016年9月生まれ

予定日の数日前、健診で「子宮口がまったく開いていないので、次回は1週間後で良い」と言われ、出産したら出掛けられなくなるだろうと思い友人と会ったり余裕をもって過ごしていました。予定をすべて消化した出産予定日2日後の夜、「何か生理痛みたいな腹痛があるなぁ」と感じ、これが前駆陣痛かな・・・と思いながら眠りました。


ところが、深夜2時ごろには痛くて寝ているどころではなくなり、一応病院に連絡しましたが、「初産だし時間かかるから朝まで寝れたら寝て」と言われてしまいました・・・。15分ごとの痛みで結局寝るどころではなく朝まで耐えて、6時ごろには軽い出血が。これがおしるしか!と病院に再度電話して7時ごろ到着。そのときの陣痛は10分間隔くらいでした。病院の待機部屋で痛みに耐えて診察してもらったら子宮口は3cmで、しばらくしたら5cmに順調に開いてきたので入院となりました。


昼には陣痛が3分間隔で子宮口も9cmくらいに拡大。いつ産ませてもらえるのかなーと激痛に苦しんでいたら、病院の方が昼食を持ってきてくれて、「体力勝負だから吐いてもいいから食べてね」と言われました。旦那さんがストップウォッチで陣痛間隔を測定してくれて、陣痛のない3分間にご飯を詰め込みました・・・。ほぼ完食したくらいで破水したので分娩室へ移動。それまでいきまないように耐えていたのを、今度は「きばってー」と指示されて切り替えがうまくできず、ちょっと難航しましたが、14時17分に女の子を産みました。


すごく時間がかかった気がしますが、マニュアル通りの安産だったのだと思います。これで楽になったと思いましたが、その後おっぱいで苦労することになります。

プレママへのひとことメッセージ 事前の情報収集が気持ちを楽に
なんだかんだで、情報はいろいろ集めて気持ちのコントロールができたほうが楽だと思います。

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ