赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠?出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2017年10月12日掲載

はじめての出産

るるる
やー子さん 2017年5月生まれ

5月10日が出産予定日だったのですが、なかなかおしるしも破水も無く、初産だったので予定日超過するだろうと私も主人も両親も思っていて、完全に油断していた5月7日、この日は主人が義実家に帰った日でした。私は実家に居たのですが、散歩もして、お昼ご飯も食べて、昼寝をして、いつも通り過ごしており、トイレに入って用を足そうとした瞬間、「パン!!」という何かが破裂する感覚があり、尿とも違う液体が止めどなく流れてきました。そう、破水したのです!病院に電話すると即入院、主人は文字通りとんぼ返りとなりました。


LDR(そのまま分娩室に変身する病室)に行き、血圧を測ると150と高く、ブドウ糖の点滴をしながら子宮口が全開になるのを待つも、3cmから開かないし、前駆陣痛が始まり、痛みも出てきました。かなり痛みが増すものの、子宮口の開きが悪く、助産師さんは「便が溜まっているから浣腸するよ」。浣腸をして100を数えて用を足したのですが、もはや陣痛の痛みなのか、お通じの痛みなのか解らず脂汗がボトボト落ちてきて、なかなかトイレから出られませんでした。でもお陰で子宮口が開いてきて、しばらくすると主人も到着。お尻をテニスボールで押してくれたり、さすってくれましたが、さする場所が違っていたので、痛みに耐えながら主人の手をさすって欲しい場所に移動させては主人に謝らせておりました。


本陣痛中も血圧は当然下がらず、むしろ上がってきて、あまり長引かせると脳卒中などの恐れがあるということで、吸引分娩決定。子宮口全開まで痛みに耐え、やっと全開した時には血圧200近くになっていたそうです。ここで医師が来られ、会陰を5箇所切られました。いきみすぎると私の方が危ないので、医師の指示に従ってタイミングよくいきむこと2回。助産師さんに体の上に乗っかられ体重をかけてお腹を押されながら吸引分娩で女の子を出産しました。汗だくでボロボロだったけれど、トータルとしては3時間半で出産しました。出産後、会陰が痛すぎてなかなか寝られず、今となっては陣痛よりも会陰の痛みの方がつらかったなと思います。


プレママへのひとことメッセージ
出産はとても不安があり、自分は無事に産めるのかなと妊娠中いつも思っていましたが、いざ出産となると一方通行で「ここまで来たらやるしかない」と思え、無事に出産しました。不安がたくさんあるかと思いますが、絶対乗り越えられるので、頑張ってくださいね!

3人目まさかの難産出産

きらめい
せい 2017年8月生まれ

予定日朝方に定期的な張り。鮮血まじりの『おしるし』が出た。経産婦ということもあり念のため、産院に電話、入院道具を持って来てとのことで産院へ。2センチしか開いておらず赤ちゃんも降りてきてないので一時帰宅。


張りは10~7分間隔がずっと続いているが1日過ごす。トイレのたびに鮮血やピンクのおしるしを確認。オリモノシートではまにあわないのでナプキン着用。予定日+1日、朝方5~7分間隔の陣痛。波がくるとヴっとなる痛みに・・・そろそろかと産院へ。子宮口5センチ、おしるしも大量に出てるので入院。昼くらいには生まれるかもねと助産師さんと談笑するものの、5分間隔から縮まらず昼に。どうやら赤ちゃんの向きが悪いらしく降りてこない、陣痛の痛みに耐えながらベッドの上で私がグルグル。


夕方5~3分間隔、陣痛がかなりキツくなってきたが赤ちゃんが降りてこない。夜、子宮口7センチ 、3分間隔、陣痛逃しも限界の痛み・・・でも降りてこない。院内散歩とシャワーを言い渡される、3分おきにくる陣痛と戦いながら唸りながら、何とかこなす。部屋に戻りラインを見ると母から『つらかったら、泣いてもいいんだよ』の言葉に号泣。あまりに長い陣痛に精神的にも限界で声をあげて泣いてしまった。


見かねた助産師さんが、『陣痛長くてつらいね、痛み止め打って少し休憩しようか』「お願いします」即答。痛み止めを打って少し眠り・・・痛みで目が覚めた。休憩したのが良かったのか、やっと[いきみたい]痛みに。が、痛みの絶頂を1時間・・・日をまたぎやっと産まれました。3人目にして初めて泣き、声を荒げての出産でした。分娩所要時間は30時間15分、初産の倍以上かかったお産でした。


プレママへのひとことメッセージ
初産婦さんは未知の痛みに、経産婦さんはあの痛みにドキドキしてることと思います。痛みはどうにもならないけど、3人目にしてつらいお産した人もいたなと一瞬でも紛れたなら嬉しいです。母子ともに無事にお産が進みますよう祈っております!

先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ