赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報先輩ママの妊娠・出産体験記

先輩ママの妊娠・出産体験記

妊娠、陣痛、出産・・・誰もが通る道だけど、不安もあります・・・よね。
小さなトラブルあり、大きなトラブルあり・・・etc.
妊娠・出産は本当に一人ひとり違いますね。
ここでは、そうした妊娠~出産のあれこれをくぐり抜けてきた先輩ママたちの
それぞれの体験記をお届けします。

※個人の体験や感想を掲載しています。


2022年5月13日掲載

陣痛より痛かったグリグリ

H
K 2021年3月生まれ

正期産になっても陣痛が怖くて「このままおなかの中におって」と思っていました。それが通じたのか、予定日を過ぎても児頭が降りてきておらず子宮口も閉じたままでした。漢方を飲んでもグリグリをしてもダメ。


予定日9日後に予定入院となりました。初日は内服の促進剤でしたが全く効果がありませんでした。2日目、子宮口は何とか指が1本入る程度だったため、バルーンを入れて、空気圧で子宮口を広げるのと同時に、点滴の促進剤を開始。夕方になってもまだ2cmのためグリグリをしましたが、かなりの激痛で泣き叫んでしまいました。先生によると、物理的な刺激が一番効くんだとか。グリグリ後は確かに陣痛のような痛みを感じ始め、徐々に強く短くなっていましたが、夜間になるためその日はタイムオーバーとなり点滴終了。その後も陣痛は続き、激痛で寝られませんでした。


朝方になって薬が切れてきたのか陣痛の間隔があき始めました。そのまま点滴してほしかったと思うぐらいしんどかったです。でも助産師さんに子宮口は「マシュマロのように柔らかい」と言ってもらえ、少しほっとしました。


3日目も点滴とグリグリをしました。この日のグリグリは何分続くのかと思うぐらい長く激痛で、痛すぎて足の震えが止まりませんでした。


陣痛も痛かったけどグリグリの方が痛かったので陣痛は耐えられました。何度も「もう嫌だ」と思ったけど、「どうせ出るなら早く出て! 早く会いたい!」と途中から思うようになり、くじけずに頑張れたし、それからは早かったです! 無事に生まれてくれて良かったです。

プレママへのひとことメッセージ前向きな気持ちで出産に臨んでください

促進剤の点滴はオキシトシンというホルモンです。私はどこかでお産を拒否していたせいかホルモンの出が悪かったのかもしれません。ずっとおなかの中にいさせる訳にもいかないし、わが子の顔を見て抱っこしたいと思うので、痛みを拒むのではなく受け入れて、前向きに出産に臨んでください。


先輩ママの妊娠・出産体験記もくじへ