赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報よくわかる用語辞典

よくわかる用語辞典 【子育て編】

ビタミンK2シロップ (びたみんけーつーしろっぷ)
ビタミンKは出血したときに血液を固まらせる働きに関係があります。母乳は赤ちゃんに理想的な栄養を含んでいますが、母乳だけだとビタミンKが不足することがあります。そのため、まれですが生後すぐの時期に皮膚やへそ部、胃腸から出血することがあります。また生後1~2か月のころ頭蓋内出血を起こす赤ちゃんもいます。これらは「ビタミンK欠乏性出血症」と呼ばれ、そのほとんどがビタミンK2シロップの適切な投与で予防できます。そのため、出生時・生後1週間(産科退院時)・1か月健診時の計3回、ビタミンK2シロップを飲ませています。完全母乳の赤ちゃんの場合は、その後も生後3か月までは週1回服薬することもあります。

よくわかる用語辞典トップへ