赤ちゃん&子育てインフォ 妊娠・出産・子育ての確かな情報をお届けする − 公益財団法人母子衛生研究会の情報提供サイトです

Part1 妊娠中の体重管理で知っておきたいこと

1.望ましい体重増加って?

体重は、“増えすぎ”も“増えなさすぎ”もよくありません

 日本では昔から、妊娠中の体重制限の指導に熱心です。体重制限というのは、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や妊娠糖尿病などの予防の視点からはとても大切なことです。
 しかしいっぽうで、最近問題になってきているのは、日本の出生児の平均体重が、20年くらい前から減っており、同時に2500g未満で生まれる赤ちゃん(低出生体重児)の率が増えているということです。そのため、赤ちゃんの発育が予想していた以上に抑制されているのではないかという心配が出てきています。

 実は、お母さんが妊娠中に低栄養になると、そのときの胎児が将来成人病になりやすいという学説も、10年以上前から提唱されていて、現在では胎児の生理学者のあいだで中心的な課題になっています。ですから、妊娠中の体重増加を抑えることは、行き過ぎると赤ちゃんの発育の面ではよくないことも出てくる部分があるのではないかと思います。


妊娠前の体格別推奨体重増加表を参考にして

 では、どのくらいの体重増加がちょうどよいかということですが、妊娠前の体格や栄養状態によっても変わってきますので、出産までに何キロと、一律に言うことはできません。
 これまで、妊婦健診や妊婦雑誌などでも、「体重は増えすぎないほうがいい」という方の情報だけが強調されていて、妊婦さんを必要以上に神経質にしてしまってはいないかと思うこともあります。実際には、妊娠前の体格によっては、むしろもっと体重を増やしたほうがよい人もいるのが現状です。
 厚生労働省から、妊娠前の体格区分別推奨体重増加量が出されているので、ひとつの目安として参考にするとよいと思います。

体格区分(非妊娠時) 妊娠全期間を通しての
推奨体重増加量
低体重(やせ) BMI 18.5未満 9〜12kg
ふつう BMI 18.5以上25.0未満 7〜12kg*
肥満 BMI 25.0以上 おおよそ5kgを目安**

*体格区分が「ふつう」の場合、BMIが「低体重(やせ)」に近い場合には推奨体重増加量の上限側に近い範囲、「肥満」に近い場合には推奨体重増加量の下限側に近い範囲の体重増加が望ましい。
**BMIが25.0をやや超える程度の場合は、おおよそ5kgを体重増加量の目安とする。BMIが25.0を著しく超える場合には、他のリスクなどを考慮しながら、個別に対応する必要があるので、医師などに相談することが望ましい。

★BMIの計算式……体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
たとえば体重が58kg、身長159cmの人のBMIは、58÷1.59÷1.59=22.9です
体重増加のめやすが知りたいときは、「妊娠前の身長体重」で計算します。

体重制限よりもバランスのよい食事を

 私の場合、「何sまで」という体重制限はあまり意味がないと考えています。妊婦さんには、「妊娠していないときと同じで、“こういうものを食べていたら理想的だな”と思える食事をしてください」と言っています。
生活のリズムを整えて、バランスのよい食事を1日3回しっかり食べる。
やけ食いやむちゃ食いはせず、空腹感も感じるような食事のリズムを作る。
 そういう生活をしていて体重が増えたのなら、それがその人にとって、ちょうどいい体重増加なのです。

★パソコンや携帯電話で記録できる「マタニティ体重グラフ」もぜひご利用ください。


もくじへ

妊娠・出産・子育て情報

  • 出産・子育て準備 お役立ち情報&グッズ e-mono e-情報
  • 子育てのための生活安全講座〜大震災を乗り越えていくために〜
  • ちょっとずつママになる!はじめて子育てナビ