赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報よくわかる用語辞典

よくわかる用語辞典 【子育て編】

ボツリヌス菌 (ぼつりぬすきん)
細菌の一つ。この菌は酸素が苦手。酸素が少ない状態だと、増殖して毒を出します。主に土の中に住みますが、発酵した魚、はちみつなどを介して人の体内に侵入することもあり、体にマヒなどの症状を起こします。1987年には複数の赤ちゃんが「乳児ボツリヌス症」を発症。全員が「はちみつ」を摂っていたので、その年から「赤ちゃんにはちみつを与えないで」と指導されるようになりました。この菌は芽胞を形成するので熱では死なず、はちみつが汚染されていると赤ちゃんは病気になるのです。

よくわかる用語辞典トップへ