赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報よくわかる用語辞典

よくわかる用語辞典 【子育て編】

小児用肺炎球菌ワクチン (しょうにようはいえんきゅうきんわくちん)
肺炎球菌は、インフルエンザ菌b型(Hib)とともに、乳幼児の重症感染症の原因となる細菌です。髄膜炎、敗血症、肺炎、中耳炎などを起こし、発病したときの死亡や後遺症を残す率は40%とされています。 日本では、2013年4月から定期接種がスタートしました。接種時期は、生後2~7か月に、27日以上の間隔で3回。その後60日以上おいて追加1回接種します。 細菌性髄膜炎は死亡したり中枢神経後遺症を残すことが少なくなく、早期診断も難しい病気です。幼稚園や保育園などでの集団生活が始まる前、できるだけ早いうちにこれらの予防接種をすませることが望まれます。

<参考:予防接種と感染症>

よくわかる用語辞典トップへ