赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報はじめての離乳食9か月から11か月ころ

<実践編> 9か月から11か月ころ

・離乳食の1日の回数 … 3回

1日3回の食事のリズムを大切に、家族と楽しく食卓を囲む機会を作りましょう。
9か月以降は鉄が不足しやすいもの。赤身の魚や肉、レバーを取り入れ、調理に使用する牛乳・乳製品の代わりに育児用ミルクを使用するなど工夫しましょう。

<固さのめやす>
  バナナくらい
この時期の離乳のポイント
  1. 全がゆから軟飯に進めます。
  2. 赤身の魚の他、様子を見ながら青皮魚(いわし・あじ・さば)へと進めます。
  3. 肉類やレバーなど、調理がむずかしい時はベビーフードを使用しても。
    この時期の授乳のめやす
    母乳または育児用ミルクは離乳食の後に与えましょう。離乳食時とは別に、母乳は授乳のリズムにそって赤ちゃんが飲みたいだけ、育児用ミルクは1日2回程度与えます。
食べさせ方のポイント
くぼみのある丸いスプーンを下くちびるの上にのせ、上くちびるが閉じるのを待ちます。
柔らかめのものを前歯でかじり取らせます。
鉄不足に注意!

生後9か月頃になると体内の貯蔵鉄が減少し、鉄欠乏になる可能性があります。
乳児期の鉄欠乏は、脳の発達に影響する可能性のあることがわかっています。
鉄が不足しないよう、赤身の魚や肉、レバーなど鉄を含んだ食材を取り入れましょう。

牛乳貧血

牛乳は、カルシウムとリンの含有量が多く、鉄と不溶性の複合物を形成し、腸からの鉄分の吸入を阻害します。また、牛乳を多飲すると腸管アレルギーのひとつとされる消化管出血が見られることがあり、さらに鉄の損失を招くという報告もあります。
このため、牛乳の飲用は1歳過ぎてからとされています。
1歳前でも、調理に少量使うのは問題ありません。

フォローアップミルクのこと

フォローアップミルクは、母乳または育児用ミルクの代替品ではなく、牛乳の代用として開発されたミルクです。
牛乳に不足している鉄分・ビタミン・ミネラルなどを多く含みますので、離乳食が順調に進まず、鉄不足などが心配される場合におすすめします。
使用する場合は9か月以降にします。

9か月〜11か月ころの離乳食レシピ
かぼちゃとブロッコリーのミルク煮
ミネストローネ
玉ねぎとひき肉のそぼろ煮
白身魚のイタリア風チーズ焼き
ブロッコリーのそぼろあんかけ
豆腐ときのこのごま煮

はじめての離乳食もくじへ