赤ちゃん & 子育てインフォ

ホーム妊娠・出産・子育て情報はじめての離乳食7,8か月のころ

<実践編> 7,8か月のころ

・離乳食の1日の回数 … 2回

開始後1か月を過ぎたころから、1日2回食のリズムをつけます。
いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように、食品の種類を徐々に増やしましょう

<固さのめやす>
  豆腐くらい
この時期の離乳のポイント
  1. つぶしがゆから全がゆ(5倍がゆ)に進めます。
    ※ 離乳の進み具合や赤ちゃんの成長・発達に合わせて、7倍がゆを与える期間があってもよい。
  2. 野菜類は大きめ(1cm程度の輪切り)に切ったものを、舌でつぶせるくらいの固さにゆでて、つぶしたり、さいの目切りなどにしたりします。緑黄色野菜を積極的に使いましょう。
  3. 白身魚から赤身魚(まぐろ・かつお)へと、魚の種類を増やします。加熱して細かくほぐしてすりつぶし、シチューやスープに。
  4. 肉類は脂肪の少ない鶏肉やレバーを使います。ゆでてすりつぶしたり、包丁でたたいてひき肉状にしたりして使います。脂肪の多い肉類はもう少し後になってからにしましょう。
  5. ヨーグルト、塩分や脂肪の少ないチーズなども使えます。
  6. 卵は固ゆでの卵黄1さじから始め、アレルギー症状がでないか注意して進めましょう。

この時期の授乳のめやす
母乳または育児用ミルクは離乳食の後に与えましょう。離乳食時とは別に、母乳は授乳のリズムにそって赤ちゃんが飲みたいだけ、育児用ミルクは1日に3回程度与えます。

食べさせ方のポイント
平らなスプーンを下くちびるにのせ、上くちびるが閉じるのを待ちます。
口の中でつぶして飲み込みやすいよう、食べものにとろみをつけるとよいでしょう。
食物アレルギーへの対応

家族の中に、現在または以前にアレルギー症状のある人がいたり、子どもがすでに発症している場合は、専門医に相談して予防や治療を行いましょう。勝手な判断でアレルゲン除去を行うことは、子どもの成長・発達を損なう恐れがあるので、必ず医師の指示を受けましょう。成長にしたがって食べられるようになる食品もあるので、専門医のもとで定期的な診察を受けることが重要です。

特定のアレルギー体質を持つ場合に、強いアレルギー反応を引き起こす恐れのある食品もありますので注意しましょう。
以下を含む加工食品は、その食品名を表示することを義務(下段は努力義務)づけられています。

1.発症数が多く、重症度が高いもの(表示義務あり) えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生
2.1より少ないが重篤な健康被害があるもの(可能な限り表示に努める) あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さま、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

資料:アレルギー物質を含む食品に関する表示について(平成25年9月20日付 消食表第257号)、別添1「アレルギー物質を含む食品に関する表示指導要領」より作成

基本のレシピ
基本のだし汁(混合だし汁)
おかゆ・軟飯の基本分量
鶏がゆ
白身魚とほうれん草のとろみスープ
<ポイント>魚を調理するとき
<ポイント>電子レンジで作る簡単ホワイトソース
7、8か月頃の離乳食レシピ
かぼちゃのグラタン
ツナとトマト
とき卵のスープ
かぶと鶏肉のやわらか煮
肉じゃが
なすと豆腐のみそだれ

はじめての離乳食もくじへ